* Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
* Profile
profilephoto
■HN
■Twitter:Reno_P



qrcode

* Categories
* Selected Entries
  • i (09/05)
* Recent Comments
* Links
* Archives
* Others
* Recent Trackback



れのの徒然


れのです。ACM専属でEDITED-PV・MAD-PVをUPしております。
真センターのACMに限りない情熱を傾けておりましたが、この度新メンバーが追加になりました。
ユニット名は「noir」 編成は 1st:真 2nd:千早 3rd:あずささん 4th:のり子 5th:静香
余程のことがない限り、この編成を崩すことはないと思います。

ここは私が作成したPVについての談話や、アイマス関係の話題などを自分のために記録しておくためのスペースです。

i
「ACM(真センター)で」シリーズ 30曲目


色々残念な出来になっているのは、最早仕方がないかと…
多くを語ることが難しいくらい、何もできなかったPVです。





◆拘りポイント
あまり強く拘れる箇所がないので、なるべく見やすい感じには仕上げたつもりですが…
特にこれといって表現できるような箇所はありませんでした。

この曲を良く見せるのは、少し難しいのかもしれませんね。

【選曲】
衣装で悩んだのもあり、選曲もそれに左右される感じで悩みました。
おもいっきり弾けようかと思い、REMIX-Aで衣装をオトメサンバにしようか、とも思っていました。

ただ、この曲で一番好きなのは、サビでのバックコーラスなんですよね。
このバックコーラスはオリジナルにしかないので、かなり紆余曲折しました。

そして結局、バックコーラスを選んだ、という感じです。


【カメラ】
曲入り前は別として、実はこれもフルマニュアルです。
でも、「だからどうした」というレベルでしかありませんがw

■曲入り前の無音部分
フェードで3人のUPが流れますが、これはREMIXにしかないカメラワークなんですよね。
オリジナルはずっとLongにしかなりません。

もちろん手動でUPを回す事ができますが、音も何も鳴っていないのにそれをしても何の効果も生みません。

なので、「ゲーム中で再現可能」という自戒を少し破って、この感じにしました。


■「だけど それは違う」
「だけど」に合わせての視点切り替え。
ただ、これは単調になるのを防ぐための苦し紛れの策で、効果的だから採用したという訳ではないのですorz


■サビ入り直後
自然に弾む、という歌詞の感じを出そうとしてみました。
少し小気味いい感じで、個人的にはこの曲で唯一いい所じゃないかなって思える箇所となっております。


■「しれない」
ここをUPにしない手はありませんでしたw


■「幸せ」
ここはREMIXだと、曲が終わってから目を開き、口が開く所まで入ります。
オリジナルだと目が開いた瞬間くらいに、歓声のシーンに行くので、これを比べると、前者の方が好みでした。

なので、ズルしましたw


REMIXにあるカメラワークがオリジナルにないのが、何か納得できず、思わず自戒を破ってしまいました。
曲中のカメラワークに影響する訳じゃないからいいかな、って勝手に思ってしまった次第です。
これ以降はそんな事しませんので、許してくださいw



【衣装】
散々悩んだ挙句、私のアレな部分のみで選びました。
ええ、かなりバカげてるとは思いますが、衣装の選択で二日も悩んだのがバカバカしくなってしまい、やけっぱちになってましたw



【パート分け】
真の押さえたい表情をメインに、あとはパラパラと割り振った感じです。
出だしを千早にしたのは、最近ずっと出だしがあずささんに偏ってるので、軌道修正しただけ、という何ともまあな理由ですw。



【個人的イチオシ】
(あると思いますか!?このPVに!)


絶対領域!



【次回予告 ─セミファイナル─】
セミファイナルがふるふるフューチャー☆になるとは…
もっと考えて作っていけばよかったかもですねw

とりあえず、私の箱○はふるふるフューチャーを3,4回しか再生した事がないというくらい、個人的に好きではない曲です。

さぁ、一体どんな風に仕上がってしまうのでしょうか…最早怖いもの見たさしかありませんねw




JUGEMテーマ:THE IDOLM@STER
2009.09.05 Saturday * 10:04 | ノーマルPV 第一幕「全曲制覇まで」 | comments(4) | trackbacks(1)
Comment
とうとう『ふるふるフューチャー』に行きますか!w
私も最初は、ふるふるは苦手な曲でしたね。
何と言うか・・・、歌詞的にも聞いてて恥かしくなって来る様な感じ?ww
ただ何度も見ている内に、恥かしそうに歌う(キャラの表情的にも)感じが何か・・・、(・∀・)イイ!って思えてきたんですよね〜。(ダメ人間ww)

あの曲は、収録曲の中でも最多9箇所(最後の観客アピールは除外)の萌え顔ポイント、頬を赤らめるシーンがある曲ですね〜。
れのPさんがどの様に構成してくるか楽しみです。^^
三毛猫P | 2009/09/05 3:29 PM
とうとう来てしまいました、この曲の出番が!w

テンポがゆっくりで、振付も少し単調な感じで…これをどう見せればいいんだろってずっとこの曲の順番が来るのを恐れてましたw

ただ、話を聞く限り…中毒性のありそうな気配ですね。

私がPVのカメラワークを決める工程の中で、終始真のUP正面視点で2,3回曲を流す、という工程があるのです。
これは真のいい表情を探すための工程なのですが…そこでやられてしまわないか心配になってきましたw

9箇所の萌え顔ポイントの話を聞いて、より一層完成がどうなるのか分からなくなってきましたよw

とりあえず、いつも通りの感じで取り組んでみます。
どうなるかは、その時の気分次第ですw
れの | 2009/09/05 4:48 PM
i、見ました!
カメラがやっぱ面白いです。この曲ってダンスは詰まんないんですけど、アングルは結構立体的なので、カメラ選ぶと結構見てて楽しめるものなんですよね!

最近は全員verの「i」は結構好きで聞いてます。でも3人だとなかなかむずかしいですよね。。。

ちなみに、私は「ふるふる」は真センターで本当に良かったと思ってます。あの顔は、飽きません!ただ、件の「萌え顔ポイント」を私は逃しまくってるので、ぜひよろしくお願いします!
みやま | 2009/09/06 3:33 PM
ご視聴ありがとうございます!
今回、みやまPのご指摘通り、ダンスが残念な仕上がりになってるので、なるべくそれを感じさせないように心がけてみました。
カメラでメリハリをつけるような曲ではなかったので、視点の確保を重点的にやった感じですね。
まぁ、少しズルもしましたが、たまにはいいかなって感じですw

この曲のLongは特徴的な動きはないものの、動く範囲が大きいんですよね。
なのでそれを生かせたらなって思いながらアングルの構想を練ってました。
なので、見て楽しんでいただけたのなら本望です!


ふるふるは今エンコ中です。
ただ、萌え顔ポイントの確保は難しいですね。
どうしてもカメラの構想と萌え顔ポイントが喧嘩するかしょがあって・・・何箇所か、そのポイント捨ててますorz
またトリオなので、真1人に集中させる訳にもいかず、苦心しました。

あまり期待せずに見てもらえるとありがたいですw

コメントありがとうございました!
れの | 2009/09/06 10:31 PM









Trackback URL
http://renoir1111.jugem.jp/trackback/71
ラチェット&クランクフューチャー
ラチェット&クランクフューチャーの最新動画や評価レビュー、攻略情報なら「ラチェット&クランクフューチャー」へ!
ラチェット&クランクフューチャー | 2009/09/06 3:18 AM
<< 動画紹介 | main | ふるふるフューチャー☆ >>