れのの徒然


れのです。ACM専属でEDITED-PV・MAD-PVをUPしております。
真センターのACMに限りない情熱を傾けておりましたが、この度新メンバーが追加になりました。
ユニット名は「noir」 編成は 1st:真 2nd:千早 3rd:あずささん 4th:のり子 5th:静香
余程のことがない限り、この編成を崩すことはないと思います。

ここは私が作成したPVについての談話や、アイマス関係の話題などを自分のために記録しておくためのスペースです。

ころあず単独超楽しかった!

 

前回のバンナムフェスの記事に引き続き、またもやガチアイマスではないレポだけど、まあ全くの無関係じゃないからこっちに書いちゃう!

 

私は4th武道館のPrecious Grainに脳天を撃ち抜かれてから、ころあずの個人の活動も追いかけるようになりました。

元々、ころあずの歌には2ndのCMDや3rdのアライブファクターなどでことごとく泣かされ続けてきたのですが、4th武道館のPGが個人的に衝撃的に素晴らしくて、もうがっしり鷲掴みにされちゃったのですよね。

逃れられなくなった感じで。

 

なのでソロデビュー時から追い続けてる人に比べて、私にはころあず個人名義の活動の軌跡についてにわかなところもありますが、今回のライブが座席ありのアリーナってことで参加を決めました!

 

オルスタのライブも何度か経験しているのですが、(AS6th福岡・大阪、ソナタアークティカ、妖精帝國)、個人的にパーソナルスペースがきっちり確保されていないライブが少し苦手で。

嫌なわけではないのですが、押されると譲っちゃう感じでどんどん後ろに行っちゃうのですよねw

それに自己嫌悪しちゃうというか、損な性格してることを実感して凹んじゃうのですw

 

でも座席ありなら、立ち位置に関しては左右の人にだけ気を使えばいい。

後ろの人に対しては視界に関する部分だけ気を使えばいい。

ラクなもんです!w

 

なのでちょうどいいきっかけだなって思って今回は飛び込ませてもらいました。

 

 

4th武道館以降ころあず曲を買い漁り、昨年12月にFC入会。

今年の2月序盤の大阪日本橋のリリイベで初の接近戦も経験し、その後はコントライブ、ライブBDお渡し会と、ころあず関係のイベントに積極的に参加するようになりました。

写真集のリリイベと田所コーラス隊は落選。

ハイタッチ会は台風19号接近で遠征そのものを自粛(この判断はほんと正解でした。)

と。

 

初めてプレボに手紙入れたり、FCの7月のボイスメッセージで読んでもらえたりと、中々に充実した1年になりました。

年末近くに11月末発売の曲のリリイベ(?)が東京であるっぽいので、それも申し込んでみようかな・・・なんて思ってますw

 

 

そんな感じで、結構ころあずメインで駆け抜けてきた感のある1年になってるなって思ったりw

そんな1年の中で一番大きなイベントであるワンマン。

それをずっとずっと楽しみに過ごしてきました。

 

 

蓋を開けてみたら、それはもうとてつもなく楽しいライブだったのです!

 

まず、席は前から3列目。

左右の位置は右側のお立ち台の正面くらい。

 

なので超近かったのです!!

神席!

きっところあずと10回は目が合った!!(妄想)

 

 

って訳で冗談はさておき。

さらっとおさらいをば。

 

 

■AZUSA TADOKORO SPECIAL LIVE 2019〜イコール〜
【セットリスト】
M1. ギミーシェルター・ブライトネス
M2. 1 HOPE SNIPER
M3. spit out
M4. 絶対的Rock Star
M5. DEAREST DROP
M6. リトルソルジャー
M7. 僕は空を飛べない(アコースティック)
M8. ツボミノコエ(アコースティック)
M9. スペクトラム ブルー
M10. スロウリグレット
M11. Come on,A-Z!!
M12. It’s my CUE.
M13. あずさ2号のテーマ
M14. ストーリーテラー
M15. イコール
<ENCORE>
M16. POSITIVE SHAKING
M17. ころあるき(サプライズ・デュエット)
M18. RIVALS
M19. 純真Always

 

 

とりあえずいつも通り、特に好きだった部分のみの感想を書いていきたいと思います。

 

 

■M1:ギミーシェルター・ブライトネス

まさか初っ端この曲で来るとは、って感じでした。

ころあずのライブに関してはにわかなので、セトリの傾向とか把握できないので多分、イコール以外のどの曲が来ても同じことを思ったのかもしれませんw

 

にしても初っ端がこの曲で存分に「たったらりらーたらりらー!!」のコールを全力で叫べからこそ、今までアイマスライブに慣れ親しんだ私の体が、ころあずライブに向けてアジャストされた気がします。

 

アイマスライブではリウム降るのも肘から先しか動かさない、リウムは自分の頭より高い位置には掲げない、多動しない、クラップも曲中にある部分しかやらない(初回Aメロクラップは全部不参加)、コールの声も控えめ、というのが私のスタイルでした。

しかし今回は周りも多動ばかり、サビはジャンプもあり、多く時間で手を頭の高さよりも高い位置で振りますし、クラップも多め。

それが当たり前の現場。

 

郷に入れば郷に従え。

乗っかるしかないでしょう!って感じで振り切れた感じがします。

そこからですよ、ライブで久々に汗をかくことになってしまったのはw

 

「あ、これめっちゃ楽しい!!」ってそう思ったのでした。

 

 

■M2. 1 HOPE SNIPER

私がころあず曲の中で5本の指に入るほど好きな曲!!

Aメロの次にサビが来るという昔に多かった構成で、刻み系のメロディのAメロに対しメロディアスなサビという構成で、このサビが最高に気持ちがいいのですよね。

 

とりあえず、私が好きな曲ベスト5のうち、一つでも聞けたらいいなって思ってたのでこの時点でミッションコンプリートなのでしたw

 

で、この時点で思いました。

「あ、これいつものアイマスライブとは違って、こっちも汗かくパターンのライブだ!」ってねw

既に熱気は最高潮、テンションもマックスになってしまってました。

 

 

■M7. 僕は空を飛べない(アコースティック)

これね、多分現時点でころあず曲の中ではitunesの再生回数ナンバー1になってるくらい、めっちゃ聴いてる曲なんですよね。

今は一番好きな曲はどんどんスルメみたいに良さが見えてきたDREAM LINEですが、それまではこの曲をもう何度聴いたことやらって感じで好きな曲です。

 

とはいえね、ライブでは披露されにくい部類の曲なのかなって感じで、勝手にこの曲は来ないと高をくくってました。

それがこんな形で裏切られるとは!w

まさかのアコースティックバージョン!

 

もうね、嬉しくて嬉しくて。

その影響でね、序盤は視界がアレでしたよ!><

ほんとにもう!w

 

アコースティックとはいえ、この曲に関してはアコギ1本ところあずのみの構成で、ほんと6th福岡のSING MY SONGと同じ空気の張り詰め方で。

歌声にごまかしが効かない中での素晴らしい歌声でした。

ずっと聴いていたくなるような、そんな幸せな時間でした。

 

大好きな曲である上に、こんな特別な感じで披露してくれたことが最高に嬉しくて。

次の日が誕生日である私にとって最高のプレゼントとなりました。

ほんとにありがとう!

 

 

■M11. Come on,A-Z!!
■M12. It’s my CUE.
■M13. あずさ2号のテーマ
■M14. ストーリーテラー

■M15. イコール

このブロックほんとに最高!!

やっぱりころあずの曲ではこういうアッパー系の曲がほんとに好き!

だからもう全身全霊で楽しみました。

ちょっとライブから時間が立ちすぎてるから端的にですまねい><

 

でもね、やっぱりイコールが超楽しみだったのでそこが待ち遠しくて待ち遠しくて。

田所コーラス隊には入れなかったのですが、このライブではそのコーラスの一員になれるって思ってねw

 

でも実際に曲に合わせて声を出してると物凄く感慨深くなってきて、本当に気分が高揚してきました。

「この曲はこの日初めて完成する」といったころあずの言葉通りだなって。

 

ころあずが好きで集まった人々が、みんなそれぞれの思いを込めてあの場で同じメロディを口ずさんでいたわけです。

コールとは違って、コールは一緒に盛り上がるための手段だとしたら、このコーラスは楽曲の一部と化すためのもの。

このコーラス、終盤にはころあず歌唱中にもコーラスが入る箇所があってね。

しかもメロディと違うフレーズを会場のみんなで歌うのですよ。

こんなに楽しいことはない!

普段のコールではなかなかに考えられない感じでw

なので、この会場で披露されたイコールは唯一無二であれ、今後それ以上のものもそれ以下のものも生まれないのかなって思うのです。

クオリティの話ではないって意味でね。

 

だからこそ、この曲がライブで聞けて、そして一緒に歌えてよかったのです。

 

 

■M16. POSITIVE SHAKING
■M17. ころあるき(サプライズ・デュエット)

 

ここ!!

このブロックはアンコールなんだけど、ここがもう本当に最高だった!!

POSITIVE SHAKINGではPVのときに着ていたあの芋ジャージで登場して、もうそのあまりの可愛さっぷりに心が撃ち抜かれてしまいました・・・ズルい!!

曲も大好きだから超ノリノリでボジってきましたよ!w

 

そしてスタッフや客席からころあずに対してしかけたサプライズだったころあるき。

これがもう本当に感動的で、でも仕掛けるまでは本当にワクワクして超楽しかったのです!

 

ころあずのライブは基本リウム厳禁だけど、この時だけはリウム振れるという爽快感。

また、ころあずに対して青のリウムを振ったときの、実家のような安心感ね!

 

それに「ころあるき」は個人的にライブで聞いてみたい曲ベスト5に入ってる曲だったのですごく嬉しかった!

 

その時の雰囲気はこんな感じ!!

 

ね、こんな感じ!!

超温かい雰囲気ですっごく思い出に残りましたのです!><

 

改めて、ころあず誕生日おめでとう!

 

 

■M18. RIVALS
■M19. 純真Always

 

この二曲も本当に強い!

RIVALSはもう本当に好みドストライクな曲なので、イントロが流れた瞬間にテンション爆上げに。

間奏明けからの曲の流れが本当に美しすぎて、そこに乗るころあずの声が本当に素晴らしすぎて、ちょっとね、感涙しちゃった。

 

純真Alwaysは最後のコーラス部分をいろいろな人に歌わせて超遊びまくってるころあずの姿に、もうニヨニヨしてしまいましたよw

曲もやっぱり思い入れのある曲だし、この曲が使われたアニメ(なんちゃらのファントム・ワールド)も好きな作品だし、この時ころあずが演じた「ルル」の声が可愛すぎて可愛すぎて!w

まあ、いろいろな感情が絡み合って物凄く楽しい空間になっていたなって思うわけなのです。

ラストにぴったり!

 

 

にしても。

こうして初めてころあずの単独に参加した結果、改めて思い知りました。

 

私はやっぱりころあずの歌声が好き。

これが聴けるってだけでこの場に参加した意義があると思ってるくらいに。

 

他にどんなライブが被っていようとも、多分私はころあずのライブを優先するでしょう。

そう思うくらいに好き。

・・・恐らくミリオンのライブとはかぶらないであろうという推測の上での話にはなりますがw

 

 

この日も、実は一般のチケットは完売しないままのライブでした。

ツイートを検索するとかなりの頻度で目にした文字が「デレのライブと被ってるから行けない」という文字でした。

 

もちろんこの事はころあずも気にしていたようで、ライブ中のMCでも

「こっちで本当に良かったの?」

「こっちにはDJ.KOOさん出ないよ?」

「私のライブに価値はあるのかな?」

といったころあずっぽいネガネガしい言葉が飛び出してきていて。

 

最後には「いつかこのアリーナを埋められるくらいになりたい!」と涙ながらに語るころあずの姿が、脳裏に深くインプットされました。

私は初参加ではありましたが、いつかその時がくるまで、追い続けていこうって強く強く思わされたわけです。

 

ああいう姿を見せられると弱い・・・!

ミリオンのライブでは2nd以降はもう本当にしっかりしていて、涙を見せないころあずで。

満員のSSAでソロのトリを歌ったり、武道館でミンゴスとアライブファクターで殴り合ったりする「最上静香を宿したころあず」ではなく、ただの「田所あずさ」を見せられた気がします。

 

すっごい姿しか見ていなかったから、この単独の時に見せた涙が本当に刺さったのですよね。

 

正直、全て一緒くたにして見てたけどそれじゃ駄目なんだ、って思わされた瞬間でした。

きっと根本の部分で違う次元の話なんだ、って感じで。

 

だからこそ、余計に興味が湧いてきてしまって。

いつもミリオンで見てるころあずと、単独名義のころあずがどういう軌跡をたどるのか。

 

それをこれからも見続けていきたい、そう思わせるライブでした。

 

本当にありがとう。

そしておめでとう!

次のライブも絶対に行くからね!

2019.11.23 Saturday * 12:18 | アイマスライブの感想 | comments(0) | -
Comment









<< バンナムフェス両日参加して | main | LTD合作に参加させていただきました! >>






* Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>
* Profile
profilephoto
■HN
■Twitter:Reno_P



qrcode

* Categories
* Selected Entries
* Recent Comments
* Links
* Archives
* Others
* Recent Trackback