れのの徒然


れのです。ACM専属でEDITED-PV・MAD-PVをUPしております。
真センターのACMに限りない情熱を傾けておりましたが、この度新メンバーが追加になりました。
ユニット名は「noir」 編成は 1st:真 2nd:千早 3rd:あずささん 4th:のり子 5th:静香
余程のことがない限り、この編成を崩すことはないと思います。

ここは私が作成したPVについての談話や、アイマス関係の話題などを自分のために記録しておくためのスペースです。

MS合作に参加させていただきました!

7月7日公開のMS合作に参加させていただきました。

私はともかく他のみんながすごいので、ぜひぜひ見てみてくださいっ!><

 

 

私の担当は「のり子パート」でした!

むふふ、フィナーレまで全くわからなかったでしょう!?(棒)

ばれないようにするために苦労したんだぁ(棒)

まあ、まずメンバーの選定の時点でカモフラージュをして(棒)

あとh(ry

 

 

というわけでバレバレでしたよね、すまねい><

てか、それ以前に画質とか色調でバレるよねw

素材がある程度カット割りされたものしかないから、作風はあまり特徴出せなかったのが悔しいけど><

 

 

というわけで、のり子パートなのでした。

お話をいただいてから今までの間、すっごく楽しかったです。

 

今まではAS担当だったので、もう誰の動画を担当するかも決まった状態でオファーを頂いたのですが、今回は誰の動画を担当したいのかは第5希望まで述べた上での抽選なのでした。

 

なので、無事第1希望ののり子をゲットできてホッと一安心って感じでした。

それと同時に、のり子を担当できるってことでニヤニヤが止まりませんでしたw

 

 

やっぱりね、のり子が好きなんだよね。
39プロジェクトメンバーの中ではダントツに好き!

節分ガシャの「鬼のり子」の覚醒後のカードイラストを見て、私の心は一気に奪われてしまいました。
なんだこの可愛い生き物は!!
なんでこんな可愛い子が次点なんだよ!!(その時までの一番好きなアイドルは恵美でした)
性格も全然嫌いじゃないし、熱いキャラ好きだし!

過去の自分の目は節穴だった!って思っちゃうくらい、ズドーンと撃ち抜かれちゃいました。
そこで上がったボルテージはそのまま上がり続けることとなるわけです。

 

そしていつの間にか一番好きなのり子と、その他の好きなキャラとの間には越えられない壁が存在するくらい、のり子が好きになってしまってましたw

そんなのり子の担当を任せてもらえるってのがすっごく嬉しくって!
だからこそ、動画編集は久しぶりでしたが、全身全霊込めてやらせていただきました。

 

しかし。

今回のプロジェクトは困難を極めました。

 

いや、仮組みまではめっちゃすんなりだったのですよね。

仮組みの提出期限前に、一番乗りで提出して「ハードルは上る前に越えておくに限る!」を実践した感じでw

 

でもね、SSAの前後で作品に対する捉え方がガラッと変わってしまったわけですよ。

まあ、SSAに参加する前の段階で「どうしようか」と悩んでいた部分に踏ん切りがついた感じ。

 

 

それが、「振りコピ」の部分でした。

 

 

仮組みの段階では、例の振りを感じさせる要素はあまりありませんでした。

偶然にも「指を上空に突き上げるポーズ」を多用する振り付けにはしていたのですが、タイミングも長さも違うわけで。

ただ、自分の中でも納得した振り付けだっただけに、公式に寄せるか、このまま行くかで少し悩んでたわけです。

 

でもね、SSAのあれを見せられると採用せざるを得ない・・・!

というわけで振りを再現する道を選びました。

 

 

とはいえですよ!!

そう都合のいい振り付けが見つかるわけでもなく、カット割りにも全然自由が効かないという状態で、満足に再現させるのはどうしても無理でした。

1フレーズ分だけ寄せるので精一杯。

両方共公式振り付けを再現させられる素材を見つけることができなかったのですよね・・・。

同じ素材の使い回しは嫌だったし><

 

と、こんな感じで。

今のも「WE ARE ONE」のAREの部分のカットは、前に指を突き出してる振りから手前に拳を引くシーンなので、もう少し右側にカメラを振ると、前のカットとの整合性が出なくなったりするわけなのですよねw

 

この振り付けの再現にはホント苦労させられました。

 

 

ただただ振りを寄せるだけなら、やりようはあったかもしれません。

ただ、私はこの曲の躍動感やリズム感を殺したくないので、なるべくそれがが感じられる振りを選んだつもりです。

特に指突き上げの振り付けは、突っ立ったままのものであればPGの振りとか使えるわけですが、そうすると積み上げてきたリズム感が止まっちゃうと思ったので、ステップを踏みつつ指を突き上げる振り付けを探しまくっていたのです。

(まあ、それがなかなか見つからなくて困ったのですが><)

 

で、結果的に動画のような感じにまとめたのです。

苦肉の策ながらも、個人的に満足行く仕上がりにはなったと思います。

 

振りの再現についてはこんなところで。

 

 

後はね。

SSAののり子となーなさんに、ものっすごく元気をもらいました。

それがあったからこそ乗り切れたと思います。

 

 

ぶっちゃけですよ!!

仮組みの段階で化け物じみた動画ばかり上がってくるわけですよ!!

どう見ても仮組みなのに、「すげぇ!!」って感想を抱きまくるのですよ。

 

それに対し私のやってることって、素材の継ぎ接ぎのみでさ。

そりゃカメラ動かしたりシーンをなるべくスムーズに繋いだりと、いろいろ拘ってはいるけど、私のやることって結局「想定外」を生み出しにくい作風というか、「想定内」に収まりやすい作風というか。

その上、MV素材ではカット割りまで制限があるから、本当に「驚き」を生み出しにくいのですよね。

 

ぶっちゃけSSAを目の当たりにするまでは

「うぅ、みんな凄いからほんとどうしよう>< こんなのでいいのかな・・・」

と少しウジウジした気分になっていたのも事実。

 

 

とは言えですよ!!

 

どう思ったのかはライブレポに書いてるんだけど、SSAのなーなさんは本当に想像以上だったよ。

ほんっとにすんごかった!元気もらえた!

 

その上で。

ライブ後の私はこんな感情を非公開の日記に記してました。

 

 

--------以下抜粋--------

 

今、仮組みでアップしてる作品じゃ負けちゃう!!

あの熱気に負けないものを作らないと!!

ここで簡単に負けちゃうようじゃ駄目なんだよぅ!!

 

だから。

練り直そう。

締切までまだ時はある。

私にできる限り、じゃあないんだよ。

私も限界突破しなきゃいけない!

 

もちろん新しいことはしないし、できない。

できたとしても私にはそちら方面で積み上げた実績がないから、そんなのはただの付け焼き刃だしメッキに過ぎない。

私にできること、今までやってきたことを今一度見直し、それらを最大限に組み合わせて、その結果限界突破するような。

 

限られたことしか出来ないから、じゃあない。

限られたことしか出来ないけど、だよ!

 

今までNPV(ノーマルPVのことね)で、限られた範囲で最高のものを撮ろうとトライし続けてきたじゃないか。

あの気持を思い出せ。

正直、愛情や努力が感じられる力作は別として、適当かつやっつけ程度で作ったようなEDITEDやMADよりは、私のNPVのがずっといい作品だって思うくらいの気持ちを持ってたじゃないか。

「NPVは素材でしかない」って言われて、「何クソ!」って思ったことがあったじゃないか。

あのときの内に秘めたギラツキを思い出せ。

 

 

今回のなーなさんとのり子のパフォーマンスは、のり子Pとして本当に嬉しかったし誇らしかった。

そんな気持ちを、今度は私が渡す側になれるような。

そんな作品にしたい。

 

私にイラストや3Dモデルを作る技術はない。

既存素材の継ぎ接ぎしかできない。

でも、その既存素材の継ぎ接ぎを、最大限に昇華させればいい。

 

できるはず。

やらなければいけない。

 

オファーしてくれたミンガムさんは私の作風なんて100も承知で、それでもオファーをくれてる訳だから、私らしさ全開で行けばいいんだって。

のり子が、いや、ミリオンが好きな気持ちを思いっきりぶつけるだけ!

 

「劣等感」とか言って草生やしてる場合じゃないんだよぅ!!

まだまだ上げろボルテージ!

他作品、ばっちこーい!!

 

 

--------抜粋ここまで--------

 

と、まあ。

熱くなってたわけですよw

 

こんな気持にさせられるくらいのライブパフォーマンスだったんだってばさ!!

ねー!!(同意を求める視線)

 

 

果たして、今回の作品がのり子P達に喜んでもらえるかどうかは未知数だけど、例えどういう評価がくだされたとしても、私には悔いのない出来になっていると思います。

のり子に胸張って「やりきった!」と言える出来にしたつもりです。

 

勿論、喜んでもらえるのがベストではあるのですけどねw

とりあえず、分かる人にも分からない人にも、曲のノリとリズム感を楽しんでもらえるような内容にしたつもりです。

 

 

後は、見てもらえば意図は透けてるかもですが「かっこよさだけではなく、のり子の可愛さを知ってほしい」という感じの作りにしてます。

あからさまな箇所が2,3箇所あったはずですw

 

 

のり子はね、自分の可愛さに自信がないのですよ。

ミリシタやってる人は是非、のり子コミュ3を見てみてほしい。

 

のり子はPに「可愛い」って言ってもらうことで、その言葉を自信の拠り所にしステージに立つ訳です。

 

でも、いつかはPじゃなく、集ったファンにそう言ってもらえるようにしないといけない。

それがPの仕事。

いつも傍で「可愛い」と言い続けるようではいけない。

この対処はあくまで「応急処置」なのです。

 

なので、のり子の可愛さは広めないといけない!!

そのためのいい機会じゃあないかっ!!ああん!!

ほうら、くっそ可愛いだるぉおおお!!!!???

可愛すぎて過呼吸気味になっちまったぜふへへへひぅっ!(キャプ中の出来事)

ひゃあああん、何だこの可愛い生き物は!!!!><><><><><><

 

 

って思いをバッチリ込めて作りました。

ね、可愛く見えてきたでしょう!? ねー!!

 

 

多少脚色はあるかもですが、ほぼ真実です。

基本力強くてかっこいい感じのノリに仕上げてはいますが、合間合間に見せる可愛さを感じていただければ幸いです。

 

のり子は可愛いんです!

この考えは「揺らがない!!」

 

 

そんな色々な想いを詰めた「WE ARE ONE!!」

楽しんで頂けていれば幸いです!><

2018.07.07 Saturday * 22:17 | ACMでMADシリーズ | comments(0) | trackbacks(0)
Comment









Trackback URL
http://reno.project-noir.com/trackback/438
<< ミリオン5th in SSA 2日目感想! | main | WE ARE ONE!! [MS合作のり子パート] >>






* Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
* Profile
profilephoto
■HN
■Twitter:Reno_P



qrcode

* Categories
* Selected Entries
* Recent Comments
* Links
* Archives
* Others
* Recent Trackback