* Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>
* Profile
profilephoto
■HN
■Twitter:Reno_P



qrcode

* Categories
* Selected Entries
* Recent Comments
* Links
* Archives
* Others
* Recent Trackback



れのの徒然


れのです。ACM専属でEDITED-PV・MAD-PVをUPしております。
真センターのACMに限りない情熱を傾けておりましたが、この度新メンバーが追加になりました。
ユニット名は「noir」 編成は 1st:真 2nd:千早 3rd:あずささん 4th:のり子 5th:静香
余程のことがない限り、この編成を崩すことはないと思います。

ここは私が作成したPVについての談話や、アイマス関係の話題などを自分のために記録しておくためのスペースです。

イメージするための記事 -真編:2015年-
真の誕生祭に向けてイメージするためだけの記事です。
脳内劇場の垂れ流し&長いので、ご了承ください。

ずっとずっとずーっと誕生祭前に続けてきた事なのでやめるわけにはいきませんw
生暖かく見てやってください><


以下格納。

うーん。

ううーん。

わかんないなぁ。


何か、もう一歩。
従来よりも変化が欲しいんだよね。


別に実力が落ちてるとか、人気が衰えてるとかではないんだけど、
少し物足りないというか……少し型にはめ過ぎというか。

そうだ、ワンパターン!
ワンパターンになっている気がするんだよね。


いつも「初心を忘れないように。」という事を
知らず知らずの間に合言葉にしていたけど、
それに縛られすぎてるのかもしれない。

初心を忘れない。
その事自体は間違っていないと思うんだ。

でも、初心を忘れないようにする代償に
変化を拒むのは間違っている気がする。

初心という芯を忘れず、
そして変化はしていかなければいけないんじゃないかな。

「1+1+1=すっごい1」

この気持ちを忘れず。
なおかつ、進化したnoirになっていかなければいけない。


活動内容もハーモニーを重視したものになってきているし、
目に見える変化はあると思うんだ。

でも、今求めているのはそういうものじゃなくて。

うーん、うまく言葉にできないなぁ……


ちょっと2人に相談してみようかな。





「という話なんだけど、どうかな?」

千早
「確かに……真の言う通り、いつも通りのnoirは見せられてるとは思うけど、
それは悪い意味でも『いつも通り』だったのかもしれないわね。」

あずさ
「う〜ん、クオリティ自体は上がっているのかもしれないけど、
1つのショーとしてどうなのか、と問われると声が小さくなってしまうわね。」


「やっぱり、そんな気がしてくるよね。
別に今のままでも悪い訳ではないと思う。
ボク達に着いてきてくれているファンの人がいる。

でも、だからと言って、同じことの繰り返しじゃ駄目だと思うんだ。
ボク達の芯の部分を維持しながら、何か変化が欲しいんだよね。」

千早
「変化ね……。
言いたいことはとても良くわかるわ。
……でも。」


「でも?」

千早
「私は、変化することを目的にするのは間違っていると思う。」


「……あっ!」

あずさ
「うふふ、2年前に私が教えたこと。
きちんと根付いているようね。」

千早
「はい。 手段と目的について、
あれから、本当に意識するようになりましたから。」


「ほんとうっかりだったよ。
ボクも普段から手段と目的に関しては気をつけていたはずなのに……。
ほんと、手段って少し気を許すとすぐに目的になろうとしちゃうんですね。」

あずさ
「そうね〜。
去年は私も嘆きのFractionをやった時に陥ってしまったし……。
だからこそ、こうやって客観的に見てくれる仲間が居ることは、
本当に心強いことだと昨年学んだところなのよ。」

千早
「ふふ、だから真。
何を成すためにその変化が必要なのか。
一度みんなでしっかりと考えてみましょう。」



--------------1時間後--------------



「うん、いいかもしれない。
今回のボクの誕生祭はそれで行こうよ。
丁度曲的にもやりやすいと思う。」

千早
「ふふ、確かにそうね。
今一度、あの時の興奮を、という感じかしら。」

あずさ
「なんだか、本番が楽しみになってきたわね〜。」


「はい!
あ、でもその分レッスンは大変になるかもですけどね。」

あずさ
「うぅ……そうだったわね。
……ううん、でもきっと今だからこそ、試してみる必要があると思うの。」

千早
「そうですね。
普段から暗黙の内に心がけている『初心』という部分にも
リンクしてくる部分だと思います。」


「えへへ、何かもう楽しみでしょうがないですね!
これが失敗しようと、成功しようと、
今後の方針を決める上で
きっと重要になってくると思う。

だから今年の誕生祭。
直球勝負で行くよー!」

千早
「ふふ、バックはしっかりとカバーするから、
センター、よろしくお願いするわね、真。」

あずさ
「うふふ、ファンの皆さんに見せてあげましょう。」


「それじゃ、レッスン会場まで走って行くよー!」

千早
「あ、プロデューサー。
ちょうどよかったです。
レッスン会場まで送って行ってください。
あ、真は走っていくそうですよ?」


「ちょっとー! それはないでしょう!?
ボ、ボクも一緒に行くよ。
行くんだよぉー!><」



8月29日へ続く



 
2015.08.25 Tuesday * 02:35 | noir | comments(0) | trackbacks(0)
Comment









Trackback URL
http://renoir1111.jugem.jp/trackback/409
<< あれから10年も この先10年も | main | FLY TO EVERYWHERE [真誕生祭] >>