* Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
* Profile
profilephoto
■HN
■Twitter:Reno_P



qrcode

* Categories
* Selected Entries
* Recent Comments
* Links
* Archives
* Others
* Recent Trackback



れのの徒然


れのです。ACM専属でEDITED-PV・MAD-PVをUPしております。
真センターのACMに限りない情熱を傾けておりましたが、この度新メンバーが追加になりました。
ユニット名は「noir」 編成は 1st:真 2nd:千早 3rd:あずささん 4th:のり子 5th:静香
余程のことがない限り、この編成を崩すことはないと思います。

ここは私が作成したPVについての談話や、アイマス関係の話題などを自分のために記録しておくためのスペースです。

イメージするための記事 -あずさ編:2015年-
あずささんの誕生祭に向けてイメージするためだけの記事です。
脳内劇場の垂れ流し&長いので、ご了承ください。

ずっとずっとずーっと誕生祭前に続けてきた事なのでやめるわけにはいきませんw
生暖かく見てやってください><


以下格納。

「分かってくれているだろう」と推測するのは、きっと驕り。
それは決め付けとなって、後々重要なものを見失ってしまうことになると思うの。

noir結成時に決めた色々な事を忘れてはいけない。
もちろん、停滞ではなく変化は必要ではあるのだけど。

でも、その変化の軸から「初心」がなくなるといけないと思うの。


今年の千早ちゃんの誕生祭では、私達にとってはもう当たり前になっていたことを、わざわざ千早ちゃんはメッセージとして私達にぶつけてきた。


「もう大丈夫。」というメッセージを。


でも、そのメッセージを受け取った私達はどう感じたか。

「そんなこと、わかってるわよ。」と思ったか。

違ったわよね。
そんな印象ではなかったの。


とても・・・嬉しかったの。



そう、やはり当たり前になっていることでも、改めて「今」を伝えることは決して無駄ではなく、受け手にとって大きなものになるのだということを身をもって体験した。


私達は雑誌のインタビューやライブ、そしてゴールデンウィークにあった大型フェスでも、「現時点のnoir」を見せることができていると思う。


でも、デビュー当時から「今までずっと続いてきたnoir」を果たして見せられているか。
そう言われると、少し声が小さくなってしまうわね。


だから、今回は・・・




「確かにそうですね! それ、いいですよあずささん!
今回のコンセプトはそれで行きましょう!」

千早
「まさか私のしたことがきっかけになるなんて。
本当に何がきっかけになるかわらないものですね。」

あずさ
「うふふ、そうよね〜。
でも、わかってもらえてよかったわ。」


「そしてこの選曲ですか。」

千早
「凄いですね、なんというか、ここまでぴったりと当てはまる曲になるとは。」

あずさ
「でしょう? 
もうこれは「このコンセプトでやるしかない」って、そう思ったの。」


「でも確かに、今ってその部分を伝えられていないかも。」

千早
「そうね・・・歌やダンスは磨いてきたけど、
確かにその部分は見せられていないかもしれないわね。」

あずさ
「うふふ、ライブでそれを見せるのは難しいかもしれないけど、
きっとやろうとしなければ伝わらないままだと思うの。
もしかしたら、それ以外の場所でそれを見せることができているかもしれないけど、
私たちはあくまでライブに重点を置いたユニットだと思うのね。」


「そうですね。やっぱりファンのみんなと同じ空間に居るあの場だからこそ、
という気持ちが強いかも。」

千早
「デジタルが作り出す映像ではなく、ということになるのかしら。」


「あー、なんかそれ厨ニっぽいね、千早♪
プロデューサーの影響かなぁ?」

千早
「そう、デジタルが映し出す偶像。
それが虚像か実像か、刹那の瞬きが・・・ってさせないでよ!」

あずさ
「あらあら〜、前にシアターの子たちとステージに立った時は、
もっとこうノリノリ〜って感じでやっていたのに〜。
真ちゃんの前ではそれは見せないのね〜。もしかして倦怠期、かしら?」

千早
「そ、そういうのじゃなくて・・・というか、倦怠期って何ですか、倦怠期ってー!」


「そうか・・・千早はまだ、ボクに心を開いてはくれていないんだね・・・。
ボクはこんなに開いているのに・・・」

千早
「なるほど。 今年の2月、誕生祭で私が込めた全力のメッセージは、
真にとっては忘れてもいいような、些細なものだったってことなのね・・・しょんぼり。」


「ぶっ・・・あははは! しょんぼりってなんだよ千早ー!
あー、もう負けたー。なんで千早はここまで面白いキャラになっちゃったのかなぁ。」

千早
「それはきっと真とあずささんのせいよ、もう・・・ふふ。」

あずさ
「相変わらず、仲がいいわね〜。 って、私のせい!?」


「だってあずささん、時折「しょんぼりぃ」とか「よよよ・・・」とか言って、
千早を笑わせてるじゃないですかー。」

千早
「そうですよ、擬態語をそのまま口にだす人なんて初めて遭遇しましたよ。」

あずさ
「あ、あらあら〜><」


「あははは、この調子なら大丈夫そうだね。」

千早
「え? 何が。」

あずさ
「ライブのコンセプト、よね。」


「はいっ!」

千早
「なるほど、確かにそうね。」

あずさ
「今まで、当たり前のように続けてきたこと。
もしかしたらライブでもその片鱗を見せられているかもしれないけど、
今回はそういうものとは違って
その部分をメインに伝えることに重点を置くとどうなるのか。
実は私自身も楽しみだったりするのよね、うふふ。」

千早
「たしかにそう考えると面白いかもしれないですね。
これは歌やダンスの技術とは全く関係ないものだけど、
noirにとっては、きっと大切なものなのでしょうね。」


「えへへ、これはなんか燃えてくるね!
ボクもバックダンサーとしてバリバリ行くからねー!
そして・・・」

千早
「みんなよりも目立ってやるぅぅぅぅ〜>< って言うのでしょう?」


「あずささんと千早を引き立てまくってあげるんだからねっ。
覚悟しておいてよー!」

あずさ
「うふふ、そう来るのね〜。」

千早
「そうね・・・言われてみれば確かに。
くっ・・・やられたわ、流石リーダー(棒)」


「あ! 今バカにしたでしょ!?」

千早
「してないわよ、リーダー(笑)」


「ああそうですか! わかったよ、組手をやるんだね!」

千早
「だからいつも言うけれど、
この時期は日焼けが気になるから、表にはでないわよ?」


「そう言うと思って、今日は道場を押さえてるよ!
これで遠慮無く組手ができるね!」

千早
「え? 本当に用意してるの!?
え? 本気でやるつもりなの!?
ただのお約束じゃなかったの!?」

あずさ
「うふふ、正確には道場を併設してるダンススタジオ、だけどね。」

千早
「あっ!」


「えへへ、そうだよ。忘れたの? という訳で、今日はボクの2勝1敗だねっ♪」

千早
「私が・・・負け越し? ふ、不覚だわ・・・」


「なんで不覚なのかを問うと、きっとまた勃発してしまうから、
今日は素直にスタジオに向かいましょう。」

あずさ
「うふふ、そうね。それじゃ、向かいましょうか。」

千早
「はい、そうしましょう。」


「って、あずささーん!
そっちは出口ではなくてトイレですよー!」

あずさ
「あ、あらあら〜」

千早
「今まで描写されてなかったけど、ここはレストランなのよ!?
ただでさえ声が大きいのに、そんな声で名前を呼んだりしたら・・・!」

周りの客1
「・・・え、あれってnoirじゃない?」

周りの客2
「え!? 嘘!? 私ファンなのよね〜、真様の!?」

周りの客3
「noirって普段から一緒に居るんだね〜」


「これは・・・」

あずさ
「逃げるが勝ち」

千早
「ですね!」

noir3人
「にっげろ〜!!」




7月19日に続く
2015.07.13 Monday * 10:48 | noir | comments(0) | trackbacks(0)
Comment









Trackback URL
http://renoir1111.jugem.jp/trackback/406
<< ハモリ音源制作 [実際にハモらせるために編] | main | カーテンコール [あずささん誕生祭] >>