れのの徒然


れのです。ACM専属でEDITED-PV・MAD-PVをUPしております。
真センターのACMに限りない情熱を傾けておりましたが、この度新メンバーが追加になりました。
ユニット名は「noir」 編成は 1st:真 2nd:千早 3rd:あずささん 4th:のり子 5th:静香
余程のことがない限り、この編成を崩すことはないと思います。

ここは私が作成したPVについての談話や、アイマス関係の話題などを自分のために記録しておくためのスペースです。

ハモリ音源制作 [実際にハモらせるために編]

前回記事の続きです。

今回は実際にハモらせるために何が必要で、どういうことをするのかを大まかに語っていきたいと思います。


ソフトの操作の仕方とかそういうものの説明ではなく、あくまで概念的なものなのでご理解ください。

前回記事を読んでいることを踏まえて説明していきますね。


■5:音源をタイムラインに載せる

タイムラインってのはツイッターではなく、動画ソフトのですからねw

もし3人分のボーカルを抜いた場合、手元には以下の音源が揃ってることになります。
便宜上「noir」で音を作る場合を想定しての例を挙げていきますね。

【この時点で存在している音源】
a.真ソロ音源
b.真ボーカル極小音源
c.真の声のみの音源
d.千早ソロ音源
e.千早ボーカル極小音源
f.千早の声のみの音源
g.あずささんソロ音源
h.あずささんボーカル極小音源
i.あずささんの声のみの音源

この中で使用する音源は「bとeとh以外」です。

これらの音源を駆使して、まずは普通のトリオ音源と同じパート分けになるように音源を作ります。
(これは単に映像側の口パクの問題でそう言っているだけなので、オリジナルのパート分けを作ってしまいたい場合はその限りではありません。)


例えば「MUSIC♪」で作る場合。

「さあ PLAY START MUSIC♪」の部分は1stのソロなのでaの真ソロ音源を使います。
「進めGO!!」は2ndソロなので、dの千早ソロ音源を使います。
「かけ出すMELODY」は3rdソロなのでgのあずささんの音源を使います。
「今へ」は全員で歌うので、aの真ソロ音源にfと i を乗せます。

という感じで。
これが意外と面倒なのですw

カラオケ音源さえ作れたら、こんな面倒なことしなくても、カラオケ音源に抜き出したボーカルを配置するだけでいいのですが・・・S4Uの仕様上カラオケ音源は作れないので、これはちかたがないのです><


ただ、こうなってくるとタイミング調整が面倒なので、予めすべての音源のタイミングが一緒になるように、最初の段階で調整をしておいたほうがいいと思います。

抜き出したボーカルのタイミングを合わせるのは波形を見れば簡単に合わせられますが、各種ソロ音源とボーカル音源のタイミングを合わせるのは、もう耳を頼る以外にありません。

耳の分解能というのは目よりも鋭くて、1/30秒のズレでも簡単に聞き分けられるようになっています。
(打楽器がずれると顕著にわかります)
しかし、調整してると「もう大体あってるんじゃね?」みたいな気になってきてしまうのも事実です。

でも、本当にタイミングが一致したら、音が重なって1つの音として聞こえるようになるので、そのタイミングになるまでシビアに調整することが必要になります。

そういう感じで、a.c.d.f.g.i.の音源を全て同じタイミングになるように配置してから、不必要な部分を削ってパート分けを完成させましょう。


※パート分けをアレンジしたいだけの場合は、これ以降の説明文は必要なくなるのでご注意ください。



■6:メロダイン、起動ッ!!

ちょっとここから先は、音楽的な話も入ってきます。
しかし、その詳細を語り出したらキリがないので、まずはどうやって作っているかだけを述べていきますね。

わからない単語が出てきた場合は、一度ぐぐってみるか、コメント欄にでも質問してください。


まず、メロダインというソフトは、音程や音の長さを編集できるソフトです。
微妙なピッチのズレやそもそも音階すらも編集できるソフトとなっております。

ハモリ音源を作る上で、メロダイン等のソフトは多分必要不可欠となります。
・・・私の持てる知識の範囲内では、ですけどねw


まずメロダインを起動したら、とりあえず誰かのボーカルのみの音源を一度読み込んで見ましょう。
何をするのかというと、スケールの把握です。

つまり、曲のキーを探ります。
MUSICの歌詞に出てくる「どんなKEYだって」のKEYのことです。


メロダインでボーカルのみ音源を読み込むと、大体の音階がわかるようになっています。
なので、さっくりとスケールを把握するのに最適なのですよね。

※音が沢山入ってる音源をメロダインに読み込ませても、
音階は非常にわかりにくいものになるので、ボーカルのみの音源で試してください。


スケールさえわかれば、必然的にキーもわかります。
どこから始まる「全全半全全全半」なのかを探るわけです。


できれば、サビで転調しているかどうかも把握しておいたほうがいいかもです。
最近、そういう曲多いのですよね。

転調していれば、スケールが変わっているはずなので、なんとなく探れると思います。
コードを聞くだけでわかるのであれば、それでも構いません。



■7:まずはコーラスの耳コピ

基本的にどこをハモらせるかは自由ではあるのですが、曲によっては元々コーラスがハモってくれている場所が存在します。
なので、それが存在する場合は、まずそのコーラスを耳コピする必要があります。

七彩ボタンなんてほとんどの箇所で二声のハモリが存在していますので、私の作ったあの七彩EDITEDのハモリは、実は耳コピしただけという結論になっていたりしますww


では、なぜコーラスを耳コピするのか。
それは、後でコーラスと手作りハモリの音がぶつからないようにする為です。

特に7th(ライブの話ではないですよw コードの構成音の話です)の音や、sus4の4度の音等をコーラスが歌ってる場合は、後で足したハモリの音がぶつかりやすくなるからです。

音がぶつかる、というのは抽象的な表現になってしまうのですが・・・どう説明したものか・・・。

簡単に言えば、ドとレの音を同時にならしてもハモることはなく、気持ち悪い響きがするだけだと思います。
シとドを同時に鳴らしたら、より気持ち悪くなると思います。

その気持ち悪いという感じのことを、「音がぶつかる」という言葉で表現しています。
もちろん例外はいっぱいあるのですが、ここで詳細を述べるのは控えますね。
初歩的なことしか私も説明できないので、多分この認識で問題はないかと思います。

この認識でも私レベルのハモリは作れるってことなので安心してください。


という訳で、後々響いてくるので、コーラスの耳コピは必ず行っておきましょう。

できれば、コーラスだけでなく、コードまで耳コピできれば言うことはありません。
ただ、私もコードの耳コピは面倒なので、必要に迫られるまではコードの耳コピはしてませんww


○余談「耳コピしやすい環境づくり」

いざ耳コピしようとしても、なかなか聞き取りづらかったりします。
そんな時、私はどうしているかを説明しますね。

答えは簡単です。
ボーカル抜きの時に作った、「ボーカル極小音源」を使用します。

この音源はボーカルの声がとても小さいので、コーラス部分が凄く聞き取りやすくなっています。

これだけで恐らく随分聞き取りやすくなるとは思うのですが、もう少し聞き取りやすくしようと思ったら、ボーカル強調のエフェクトをかけると、伴奏部分の音量が押さえられて、よりコーラスが聞き取りやすくなります。


それでも聞き取りにくい場合は・・・根性で繰り返し聞くっきゃない!w



■8:耳コピした通りのハモリ音源を作る

コーラスの耳コピが終了したら、直ぐにメロダインを使ってその通りの音源を作っていきます。
つまり、誰かのボーカルのみ音源の音程を、一部コーラスと同じものに改変していくということになります。

ちなみにメロダインで音程を変えるのは、多分ソフトを触ってるとすぐにわかると思います。
ドラッグして動かすだけなので、いろいろ弄ってみてください。

この改変作業前には「ここは誰にハモらせようかなぁ・・・」って感じで楽しくて仕方がありません。

しかし、改変作業を始めると「うおぅ・・・結構機械的な声になっちゃうんだね・・・><」みたいな感じになってしまうのですよね。
特にデフォルトよりも低い声を出させた場合。
または、デフォルトと全然違う高さの声を出させた場合が顕著です。

でも、よほど変じゃない限りは、気にしなくてもいいです。
主旋律と伴奏が重なると、ある程度はわからなくなります。

実際に、私が今まで作ったハモリ入り音源も、主旋律と伴奏抜きのハモリの声だけで再生すると、ものすごく酷いものになっているのですよねw

なので、よっぽどひどくない限りは(歌詞が日本語として聞こえるならば)大丈夫!
そういうもんだと思う諦めが必要ですw


とりあえず元々のコーラスと同じハモリ音源を作り終えてからが本番です。


○余談「ボーカルのしゃくりが邪魔なんだけど・・・」

はい、あるあるですw

例えば元々のメロディがドからソに上がるメロディを、ドからシに下げるハモリに変える場合。
元々の音源のソの音は、下からあがってくるようなアプローチになっているので、厳密に言えば、ファとかファ#の音を経由してたりする場合もあるのです。

キングとかミンゴスの歌い方だとほんとうにしゃくりが多いので、私の環境ではこれの修正は日常茶飯事なのですよねw

では、どうやって修正するか。

・・・メロダインのピッチ関係のツールを駆使して修正してくださいw
適当に弄ってれば、「ああ、なるほど」と思えると思います。

文字で説明するとややこしいですし、スクショをバシバシ貼り付けても・・・って感じなので、やって覚えてもらうしか・・・w

ここで言いたかった事は、「しゃくりは修正できるので、是非とも修正しておきましょう」ってことです。

コーラスにしゃくりのような「動き」がありすぎると、主旋律よりも目立ってしまったりするのですよね。

しゃくりを修正すると、歌い方が結構棒読みチックになる場合もありますが、コーラスはそれで十分です。



■9:オリジナルのハモリを追加する

やっとここまで来ましたw
一番の醍醐味であるオリジナルハモリです。

ただ、意外と選択の余地は残されていないのですよね。

デフォルトで入っているコーラスとは違う旋律を奏でさせるわけですが、やはり元々の楽曲を制作した人はプロなので、その元々のコーラスが既においしいとこ取りしているような状況なのですよね。

むしろ■8までの工程で止めておいたほうがいいんじゃないかって思うくらいにw


でも、やはり欲が働いてしまいます。
少々クオリティを犠牲にしてでも、オリジナリティが欲しくなってしまうのですよね・・・少なくとも私はそうです。

なので、ついつい追加しちゃいます。


え、遠慮はいらないんだ!w

という訳で、どんなハモリを追加すればいいのかというのは、ある程度指標がありますので、それを明記していきたいと思います。


ここから音楽的な話がより一層強くなるので、わからなくなるかもですが、とりあえず書き出してみますね。


A:手っ取り早いのは、コードの構成音の残りの音を歌わせる方法

私のあず誕MAD「隣に…ジャズVer」の一番のお気に入りのハモリは「(約束をしたあな)たはーー!」の部分のハモリですが、この部分は、ただ単にコードの構成音でそのままハモらせただけなのです。

それであの聞こえ方ですからね。
基本は強いっ!

というわけで、コードの構成音をそのままなぞってハモリを作る方法についての説明です。


例えば、メロディがDの音から始まるメロディを歌っていて、元々のコーラスがB♭の音から始まるメロディを歌っていたとします。

となると追加するハモリは・・・
この時のベースの音がB♭だったらFから始まるメロディを。
この時のベースの音がGだったらGから始まるメロディを歌わせる感じで。

後はメロディの流れとコーラスの流れを見ながら、スケールに当てはめて調整していく感じです。

基本的には大体これで無難なものが仕上がってきます。
(あくまで大体です。これが全てに当てはまるわけではありません)


なぜベースの音の話が出てくるのかというのは、コードの構成音に関する話なのです。

メロディがDから始まっていて、コーラスがB♭だとすると、ここのコードはB♭メジャーか、Gマイナーの可能性が高いであろうという考えからです。
(B♭/Gの可能性もありますが・・・そこはもう聞いて把握するしかないので割愛します)

B♭メジャーの構成音はB♭・D・F。
Gマイナーの構成音はG・B♭・Dです。

つまり、構成音の中から既に使われている音を省いて残った音を消去法で選ぶ、というやり方です。


もしこれがわからない場合は・・・とりあえず、スケール上でメロディやコーラスの2つ隣の音を歌わせればいいって感じです。

メロダインのピアノロール上ではなく、あくまでスケール上の2つ隣ですからね。
つまり、上記の例で言えば、ベースの音に関係なく、とりあえずメロディの2つ隣のFの音を鳴らしてみて、それでおかしかったらコーラスの2つ隣のGの音を鳴らすって感じですね。

この段階で「お前は何を言っているんだ・・・」ってなっている場合は、これから先の項目もわからないかもしれません。
なのでその場合は、この先の文章を読むよりも、先に楽典(特にスケールとかコード関係)を勉強するか、もうこの際感覚でやっちゃうかのどちらかの手法を取った方がいいかもしれませんw

とりあえず、絶対に必要な知識は「スケールとkeyの知識」です。
これがなかったら酷いハモリを平気で作ってしまう可能性が高くなってしまいます。

コードと合ってない音が鳴っていても、意外と気付かない人は居ます。
im@shupタグやハモリm@sterタグの動画を見ていると、明らかにコードとメロディが合っていない作品が存在するのも事実なのです。

なので、ハモリをやりたい場合は、是非ともスケールとkeyの知識は身につけておいた方がいいです。
あと、「コードの知識」があれば尚良しです。


でも、これさえわかれば結構できますので、ハモリに興味のある方は是非勉強してみてください。



B:同じ音を刻む

コーラスは必ずしもメロディアスでないといけない訳ではありません。
むしろメロディの邪魔をしないためにも、あまり大きく動かさない方がいいレベルです。

・・・って専門学校時代に習いましたw

という訳で、ずっと同じ音を刻むのも当然ありです。
私のエージェントMADの「本能渦巻く最中に」の部分は、あずささんがしばらく同じ音を刻んでいますよね。
あれのことです。

つまり、コードの構成音のどれかを延々と刻ませる、という手法ですね。
やはりどうしても「コード」というものが絡んできます。
これはハモリをやる以上避けては通れない道なので、諦めてくださいw


という訳で、この2つが基本軸です。
ほんと、これだけあれば十分いけます。


次からはもう少し突っ込んだコードの知識が必須になってきますのでご注意。



C:ノンダイアトニックコードのスケール外の構成音を拾う

ノンダイヤトニックコードというのは、スケール以外の音を構成音に持つコードです。

keyがCの曲の中だと、EメジャーやAメジャー、あとはFマイナー当たりが、比較的使われやすいノンダイアトニックコードといえると思います。

ノンダイアトニックコードというのは、曲の中では少し強めの緊張を与えるために使われるコードとなります。
もし主旋律がこのノンダイアトニックコードのスケール外の音を歌っていなければ、ハモリにその音を歌わせに行くのは大いにありだと思っています。

keyがCのスケールはCDEFGABCという、#も♭もつかないスケールです。
しかし、そこにノンダイアトニックコードが加わると、EメジャーだとG#、AメジャーにはC#、FマイナーにはA♭という、スケール外の音が使われていることになります。
こういう音を歌わせに行く、ということですね。

もちろん必須ではないですが、私はノンダイアトニック大好き人間なので、確実に押さえにいきますw


私の動画でわかり易い場所で言えば・・・ハンバーガーのサビの「具にはレタスとビッグパティ」の場所の上のハモリですね。
半音ずつ下がっていっていると思うのですが、こんな半音ばっかり続くスケールなんて当然ないわけで。
これはノンダイアトニックコードの構成音をなぞりながら、ついでに先述したBの手法も織り交ぜている感じです。

後はOMNの「どんなピンチでも超えてゆける」の「る」の音で、ノンダイアトニックコードのスケール外の音を千早が歌っています。
どんな聞こえ方がするか、一度確認してみてください。



D:7thの音やsus4の音も織り交ぜる

ぶっちゃけていいます。
私、作曲の勉強をしていましたが、どうも7thの音の上手い使い方が分からない病なのですw

ほら、7thと1stで音がぶつかるじゃないですか。
作ってる過程であれを聞くと、なんかモヤっとしてしまうのですよw

もちろんそれを我慢して完成させると違和感無かったりするのですけどね。
ハモリでも知らず知らずに7thの音使ってたりもしますし。

でも意図的に上手く使えないのが悩みなのです。
使いこなせたら、かなり幅広くなるのはわかっているのですけどね><

なので7thについてはあんまりアドバイス出来ませんww


でもsus4は使う場所が限られていますし、聴くだけですぐにわかるし、構成音も単純だしで、このコードが聞こえたら、誰に4度を歌わせようかとワクワクしてきます。
あとsus4の4度の音って、主旋律が歌うことがあまりありません。
だいたいコーラスが4度の音を歌って、3度に降りて解決させるという使われ方が多いです。
サンホラでは特に多いです(今関係ないやん)

sus4のハモリでわかりやすいのは・・・どれかなぁ!?
エージェントMADの「乱れる悦びを」の「を」の部分がsus4のハモリです。

OMNエディテッドのBメロ最後の「君とー」の部分かな。
あそこの千早が4度の音を歌っていた・・・はずw

ただ、sus4というのは、各フレーズの最後のコードの一つ手前に出てくることが多いので、ハモらせようとしても、そもそもメロディーが無くなってたりするのですよね。

OMNエディテッドでも、本当は4度→3度と解決する所まで歌わせたかったのですが、解決している小節ではボーカルは歌っていないというね><

虹色ミラクルの「目を開いて見る夢は」の所も同じです。
解決する所にボーカルの声はありません。
「sus4キャンセルやめてー!解決させてよぉー!」って感じです(どうでもいい)



という訳で、以上が「私がハモリを加える時に指標としているもの」です。
だいたいこれくらいの事に気をつけてハモリ音源を作っている感じです。


ただ、折角ボーカルを抜くのですから、ハモリ以外の使い方をしても全然良い訳です。
なので、そんなハモリ以外の使い方も紹介してみますね。



【ハモリ以外のテクニックの紹介】

◆1:オクターブ上を歌わせる

単純にメロディの1オクターブ上の音を歌わせる方法ですね。
オクターブ違いなだけなのでハモる訳ではないですが、広がりはできます。


私がオクターブ上を歌わせた箇所は

・隣にMADの「嘘つきだ↑ねーー」って歌ってる千早
・OMN最後「I believe your ↑love」の千早
・Fateの最後「奇跡は芽生え↑始める」のあずささん

の3箇所だったと思います。
意外と少ないですねw

聞いてみてどうでしょうか。


というのも、1オクターブも上げると、もはや元の声の面影はなく、ただの機械音に成り果てる可能性が非常に高いのですよねw
なので、ティンと来ても声質的に諦めることがあったりするのですよね・・・。

でも、私が使用している箇所を見てもらえれば分かる通り、本当に最後の最後に持ってくる止めとして使うことが多いと思います。
なぜそういう使い方をしているのかは私もわかりませんが、「オクターブ上は最後に使う」みたいな刷り込みが、いろんな楽曲を聞いている間に刷り込まれていったのかもですね。

なので途中でやってしまってもいいかもしれません。
こればかりは私は試したことがないのでわかりませんw



◆2:輪唱

輪唱ってのは、「森のくまさん」とか「かえるの歌」みたいなやつです。

あるーひ(あるーひ)森の中(森の中)くまさんに(くまさんに)出会った(出会った)

って感じで、同じフレーズが後から追いかけてくるこの歌い方を「輪唱」って言います。


これを意図的に作っちゃえ!というテクニックの紹介です。


私が作ったもので言えば

・七彩ボタンの間奏明けの千早
・9:02pmの落ちサビのあずささん
・OMNの間奏明けの千早とあずささん
・虹色ミラクル落ちサビのあずささん

といった感じで。

虹色の輪唱はM@STERバージョンには元々収録されているのですが、それ以外のやつは「ティンと来たから即実行」レベルで作ってしまったものだったりします。

簡単に試せるし、メロダインも必要ない場合もあるので、トライアンドエラーで色々やってみると面白いものが生まれるかもしれません。



◆3:勝手に装飾

これはまだ私も実例が1つしかないテクニックではあるのですが、もっと上手く使えるようになりたいとは思っています。

私が唯一使った場所は
・ハンバーガーの初回のサビ終盤に出てくる「カモン!」

くらいです。
この「カモン!」はHHBから引っ張ってきたものだったりします。


本当は虹色ミラクルにも「いえーーい!」って声を入れたかったのですが、意外とキャラ本人たちが「いえーーい!」って歌ってる箇所がなくて・・・。
(大抵コーラスが歌っている)

なので諦めましたw



◆4:音の長さを変えてみる

あんまり使い所がないかもですけどね・・・w

私が使ったのは
・ハンバーガーの先述した「カモン!」の後の「I LIKE ハンバーガー」の部分
・隣にMADのジャズバージョンのあずささんの歌い方に合わせて、まこちはの「私の隣に」の部分の音の長さを微調整
(原曲「わたーしのとなーりーにー」を
ジャズVer「わたしーのとーなーりーにー」に変えた)
くらいです。
まあ、こんなことも出来ますよくらいに思っておいていただければと思います。




だいたいこんな感じでしょうか。

ちょっと楽典的な要素が随分強くなってしまいましたが、それさえわかってしまえば結構簡単にハモり音源は作ることができます。
・・・かなり作業的には面倒くさいのですけどねw

でも、でき上がったときの高揚感は半端ないです。
もう何度も聴いていたいって思うくらいに。


なので、もし興味があるよって方は是非チャレンジしてみてください。

「ハモリm@ster」タグに少しでも動画が増えることを願って!
2015.06.16 Tuesday * 21:57 | PV作成について | comments(0) | trackbacks(0)
Comment









Trackback URL
http://reno.project-noir.com/trackback/405
<< EDITED3部作解説! | main | イメージするための記事 -あずさ編:2015年- >>






* Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
* Profile
profilephoto
■HN
■Twitter:Reno_P



qrcode

* Categories
* Selected Entries
* Recent Comments
* Links
* Archives
* Others
* Recent Trackback