* Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
* Profile
profilephoto
■HN
■Twitter:Reno_P



qrcode

* Categories
* Selected Entries
* Recent Comments
* Links
* Archives
* Others
* Recent Trackback



れのの徒然


れのです。ACM専属でEDITED-PV・MAD-PVをUPしております。
真センターのACMに限りない情熱を傾けておりましたが、この度新メンバーが追加になりました。
ユニット名は「noir」 編成は 1st:真 2nd:千早 3rd:あずささん 4th:のり子 5th:静香
余程のことがない限り、この編成を崩すことはないと思います。

ここは私が作成したPVについての談話や、アイマス関係の話題などを自分のために記録しておくためのスペースです。

『iM@S WAVE SONIC』に出ますっ!


出る、っていい方でいいのかな?w
というわけで、はろはろー!

この度ニコマス総合コミュの方で5月の3日〜6日の4日間、「im@s WAVE SONIC」という名の生放送企画が予定されております。

詳細はこちらのブログにてー!
http://aup1109.blog.fc2.com/blog-entry-256.html

参加者さんの紹介もあります。
http://aup1109.blog.fc2.com/blog-entry-263.html
(私は↑で紹介されています)
http://aup1109.blog.fc2.com/blog-entry-264.html
http://aup1109.blog.fc2.com/blog-entry-266.html

タイムテーブルはこちら。
http://seiga.nicovideo.jp/seiga/im4855590


というわけで、もう本当に有難いことに、オファーをいただくことになりました。
といっても、周りの人がなんかすごい人ばかりなので、私はもう恐縮するばかりでw


しかし、参加する限りは何か一つでもいいから痕跡を残しておきたいなって思うわけなのです。

与えられた「30分」という時間の中で、自作品の過去作+新作(何本作るかは内緒♪)でセットリストを組み、それを運営さんが生放送で流す、という企画となります。

つまり、このセットリストにどんなコンセプトを詰め込むか。
そこが重要になってくるかなって思っております。


残念ながら私は技術的には大したことはできません。

ただね。
私は私なりのやりかたで、ずっとずっとPVと向かい合ってきました。
EDITEDやMADよりも、ノーマルPVと向かい合ってきました。


私は自分の理想をずっとずっと追い求めてきました。
こうなればいいな、こうなって欲しい。
ノーマルPVでできる限られた手法のみを使って、理想を追い続けてきました。


でも、面白いことに、そんな限られた手法だけでも人によって多種多様な魅せ方が生まれるわけです。
ハッとするような魅せ方ができるのです。

そう、難しいことができなくても、私らしさは存分に発揮できるんじゃないかなって。


PVの魅せ方に正解なんてない、と思っています。
・・・ただ、これはあくまで客観的な意見です。


当然、私の中には「こうしたい」「こうなって欲しい」「こういうのが好き!」という、どうしようもない感情があるのは事実。

誰に何を言われようとも、私は私のやり方を変えずにここまで来ました。
「酔う」とか「カメラ切り替えすぎ」とか「チカチカする」とか。
もう何度言われたかわかりません。

でも、そんなの関係ない。

私は、自分が見たいnoirを実現させたいだけなのですから。
ある意味これは、私の中で私に対しての「正解」が存在しているってことで。
それと同時に、他人には他人の正解があるわけで。

こんな考えでここまで来たからこそ、十人いれば十種類の良さがあるって感じに考えちゃうのですよね。
だからこそ「こうすれば良くなるよ。」なんてことは、他人には言えないわけです。


カット割りのタイミングとカメラのチョイスで魅せるノーマルPV畑出身のPとして、できることをやりたいと思います。
縛りだらけのノーマルPVではどうしても見ることのできないものを、EDITEDやMADで実現させてきました。

膨らんだ理想。

今回の30分はノーマルPVだけでは表現できないnoirを出していきたいなって思ったわけです。


コンセプトは"漆黒の黒薔薇による宵闇の旋律"


「またそんな厨二みたいな名前なのかよ!」みたいな感じですが・・・ネタではなく真剣です。
最初はネタでnoirのことを「漆黒の黒薔薇」と呼んだりしていましたが、ネタとはいえ、これだけ言い続けてるとそこに愛着みたいなものが生まれてくる始末で・・・w

6年活動し続けてきたユニットとしての「個性」を全面に出したいと思ったのです。
「ただのACM」ではなく「noirならでは」という部分を見せたいというか。

その「黒」が紡ぎだす「旋律」を聞いてほしい。
今まで、私が常に公式曲のみを扱ってきたのは、その「旋律」を大切にしたいって思いが強かったからです。
だからこのようなコンセプトにしました。


どう受け取ってもらえるかはわかりませんが、やりたいことを詰め込んでみました。
当日、noirがどんなライブをしてくれるのか・・・本当に楽しみです♪



私には魔法のような映像を魅せる技術もない。
知識もない。

でも、武器を持っていないわけではない。
ささいな武器かもですが、その武器とずっとずっとずーっと向き合って来たわけです。

狭く、でも深く。
その深さが表現できればいいなって思うわけなのです。

「たけざお、ぬののふく、かわのたて」という貧弱な装備でも、レベルを30まで上げれば竜王を倒せるわけです。
不格好でもいい。
オシャレなものでなくてもいい。

そんな目立たない武器を。
でも私なりに磨き上げまくったこの武器を。

この舞台で振るいたいと思います。


私の出番は最終ブロックのトップバッター。
後続はフィナーレに向けて、それはもうすごい人ばかりが控えている訳で。


だからこそただの「前説」で終わってしまわないように。
一矢も二矢も報いたいと思います。


そして、安心して赤ペンさんに全てをぶん投げバトンを渡したいと思います!

ミリオン合作に続いてまたこの並び。
きっとこれも何かの縁でしょう。
あんまり言うと怖いので、この辺にしておきますw


では、5月6日。
21:15より"漆黒の黒薔薇による宵闇の旋律"は開演します。

お手元に黒のサイリウムを。
コメントの文字は黒色で。

そして心に黒の薔薇を添えてお楽しみください。



漆黒の旋律はいつも、刹那の風と共にッ────
2015.05.02 Saturday * 13:25 | 徒然 | comments(0) | trackbacks(0)
Comment









Trackback URL
http://renoir1111.jugem.jp/trackback/398
<< ミリオンの2ndライブ両日行ってきた! | main | 『iM@S WAVE SONIC』お疲れさまでした! >>