* Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>
* Profile
profilephoto
■HN
■Twitter:Reno_P



qrcode

* Categories
* Selected Entries
* Recent Comments
* Links
* Archives
* Others
* Recent Trackback



れのの徒然


れのです。ACM専属でEDITED-PV・MAD-PVをUPしております。
真センターのACMに限りない情熱を傾けておりましたが、この度新メンバーが追加になりました。
ユニット名は「noir」 編成は 1st:真 2nd:千早 3rd:あずささん 4th:のり子 5th:静香
余程のことがない限り、この編成を崩すことはないと思います。

ここは私が作成したPVについての談話や、アイマス関係の話題などを自分のために記録しておくためのスペースです。

オーバーマスター [大会参加PV]
「ACM(真センター)で」シリーズ 第4幕 29・30作品目



かなり今さらな更新になりますが、PV大会がらみでPVを2本投稿しました。

1つは「ポジティブ!」
これはステマ用のPVですねw




そして大会用に撮ったのが、このオーバーマスターでした。



正直ね、七彩を撮りたかったのですよね。

でも、そうはしませんでした。
なんというか、正面からぶつかってやろうじゃないかって感じでw


で、その負ける訳にはいかないと思っている相手にもし負けたら・・・引退するつもりでした♪
引退しなくてよくなって、ほんとによかったー!><



◆拘りポイント
1:手塩にかけたユニット「noir」の本気ステージ

それ以外の拘りなんてないです。

何度も届く挑戦状。
センター違いの同じユニット、ガチ曲チョイス、そして後から見ると被ってた衣装。

とにかく、相手が本気なので、こちらも応戦する形だったのですが、テクニックでは勝てないので、ユニットの良さを最大限に引き出すことだけを考えたのです。
となると、「真センターのACM」ではなく「noir」の良さを出すことだけを考えました。

勝つためではなく、noirの良さを最大限に出せたらきっと負けない、という信念で臨んだのです。

勝つためのPVを撮ると、そこに撮影者の「勝ちたい」という思いが見え隠れしてしまうと思ったのですよね。
「ドヤ感」や、「意図のわからない切り替え」等がね。

でもPV撮影の「目的」は「アイドルをより輝かせるため」なので、そこを見誤らないようにしていました。
私は何度かそれで失敗しているので、その失敗をここでしたくないなって♪

なのでどうすればnoirが輝くか、それだけに執念を燃やしました。
私の思考なんて一切伝わらなくてもいいのです。

幸い4年半付き合ってきたユニットです。
輝かせ方はきっと、私のほうが知っているんじゃないかなって感じでね♪


とはいえ、やっぱりヒヤヒヤでした。
負けたらきっと、ショックが大きかったでしょうからねw


というわけで詳細を述べていきますね。

【音】

音に合わせる切り替えが多いので、リズム体が目立つ音にしました。


【カメラ】

今回のオバマスも前回撮影した時同様、コンセプトは「目線です」

なかなかカメラに目を合わせてくれない、クールな感じを演出しました。

だって、noirってそういう曲をよりかっこよく演じるのが得意なユニットですから、ね♪


■イントロ

音と動きの連動を意識しました。
ここは動きを強調すべきだと考えたので、そのように見せてみました。

最後は真が顔を上げた瞬間にカメラが変わりますので、ここでも目線という意味では肩透かし感をだしてますw


■Aメロ

ここは表情も大事だとは思うのですが、やはり動き重視の魅せ方で。
エッジの効いた曲によりエッジを、そういう気持ちでした。

「次に出るセリフ〜〜」の部分のカットインがかなりお気に入り♪
なんか3人がすっごくかっこよく見えちゃって><

操作は鬱陶しかったけどねw


■Bメロ

ももPと魅せ方が少し被ったけど、ここは歌ってない箇所の真の表情重視って感じ。
もうほんっとにクールでかっこいい!><

やっぱりnoirの真はこうじゃないとって、自分で思っちゃいましたw

サビ前のブレイクもコンセプト通り、目線が中々合わない、もしくは合っても挑発的、という感じのアングルをチョイスしました。

コンセプトは貫いてこそっ!w




■サビ
・「スリルのない愛なんて」
あずささん→千早で切り替えてるけど、千早に切り替わった瞬間のあの腕のキレは、あのタイミングで切り替えないと出せないのですよねw
あと映す順番が逆でもダメです。

また、ずっと千早だけを映していてもあのキレは感じられません。

あの瞬間に切り替えるからこそ感じられるキレなのですよねw


動きには動き始めと動き終わりがあるのですが、この部分の千早の動き出しは結構早くて、スロースターターな感じで動きが加速するのですよね。

なので映し続けてると、動きに目が慣れてキレが感じられないのです。
あのタイミングで切り替えるからこそ、動きが最高速に達した瞬間の部分だけ見れるという感じで。
またその前のあずささんの動きの溜めが絶妙なので、よりキレがあるように見えると思います。


ここが切り替えタイミングの妙というか、面白いところなのですよねw

なので、ここのタイミングをミスってリテイクした時もありましたw


・「ないじゃない」
千早UP→あずささんUP→Longと切り替えていますが、ここで重視したのはLongになった時の開放感です。
つまりその前のUPはどちらも解放に向かうための溜め、ということになります。

しかし、ここもあずささんと千早の映す順番を逆にすると、ちょっとふんわりした仕上がりになっちゃいますw
動き始めから動き終わりまでのタイミングがお互いに違うから、こういうことが起こってくるのですね。

ほんと、面白いですw


・「わかんないかな」
ここは1stをメインに魅せるためではなく、2ndの千早を魅せたかったのです。

歌姫的ポジションを目指していた千早がね・・・この曲の難しい仕草を完璧にこなしている姿にね、胸が熱くなる訳なのですよ><

noirの千早にはね、「歌さえ歌えれば」という気持ちは微塵も存在していないのです。
舞台上で、全身を使って歌を表現する事に執着しているわけなのです。
それが顕著に出ている所かなって、個人的に思ってですね。

だって真よりもかっこ良く見えるんだもん!><


・「Tabooを冒せるヤツは」
ここもコンセプト通り、真の目線はカメラに向けさせないぞって感じで。
ほんと、スカされまくりでヤキモキしますよね!w


・「Come AGAIN!」
腕を振る瞬間にスカす。
これもコンセプト通りw

その後に真を映した時も目を閉じていて、また目が合わせず。
これも然りw


■間奏
もうここは派手に。
動きを強調というよりは、動きだけを主張って感じの魅せ方にしています。


■間奏明け〜落ちサビ
・「牙の抜けた奴になんて」
ここだけ、真の目線に合わせてアングルを決めています。
ここだけデレます。

曲調が静かなので、コンセプトも反転させてみた感じですね。
にしてもこの表情・・・抱きしめたくなりますね!><



・「ないじゃない!」
ほんと、ここのせいで何回リテイクしたか!><

そもそも、その前のAUTOさんが千早をUPかMidで映すのですが、これがMidだとリテイク。
ないじゃないの切り替えも、最後の真のUPが反映されないことが多くてミス多発。

もうね、構成変えてやろうかと何度思ったことか!www

で、ここを無事通過すると、急に「ミスは許されない」という思考が蔓延して、手汗の量が一気に増えるのですよねw

なんの修行やねん!って感じw


・「デンジャラス」
ここも千早とあずささんの順序を逆にすると、動きのキレが損なわれます。
ほんと、カチっとはまるタイミングを見つけると、ほんとガッツポーズ取っちゃいますよねw



あとは無難に回して終了。
でもほんと、無難だからこそ、集中が切れるとミスが多発するので、この終盤には苦い思い出しかないですw



という訳で、以上詳細でした。


コンセプトが奏したのかどうかはわかりませんが、ありがたいことに準優勝をいただきました。
noirのみんな、本当におめでとう!><



【衣装&会場】

インドアシュヴァルツはnoirの聖地。
前回は正装のレザードクィーンだったので、今回は勝負服のスターライトエージェントで。

今回の意気込みに対して、これ以上の理由はないかなって。

だからこそ、衣装が被ってても、それを押し通すしかなかったのです!><



【イチオシ】

終始展開される漆黒舞踏。

黒(シュヴァルツ)を冠した会場で、黒の衣装を身にまとい、黒(noir)を冠したユニットが舞踏する。
それが、noirのイチオシなのです!><



【次回予告】

リレのEDITED。
音はもう出来てます!(キリッ
2013.11.28 Thursday * 22:30 | ノーマルPV 第四幕「PS3版 飛躍noir」 | comments(0) | trackbacks(0)
Comment









Trackback URL
http://reno.project-noir.com/trackback/360
<< 9:02pm [noir EDITION] | main | 知っているとは思いますが・・・ >>