* Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>
* Profile
profilephoto
■HN
■Twitter:Reno_P



qrcode

* Categories
* Selected Entries
* Recent Comments
* Links
* Archives
* Others
* Recent Trackback



れのの徒然


れのです。ACM専属でEDITED-PV・MAD-PVをUPしております。
真センターのACMに限りない情熱を傾けておりましたが、この度新メンバーが追加になりました。
ユニット名は「noir」 編成は 1st:真 2nd:千早 3rd:あずささん 4th:のり子 5th:静香
余程のことがない限り、この編成を崩すことはないと思います。

ここは私が作成したPVについての談話や、アイマス関係の話題などを自分のために記録しておくためのスペースです。

イメージするための記事 -あずさ編:2013年-

あずささんの誕生祭に向けてイメージするためだけの記事です。
脳内劇場の垂れ流し&長いので、ご了承ください。

ずっとずっとずーっと誕生祭前に続けてきた事なのでやめるわけにはいきませんw
生暖かく見てやってください><


以下格納。


  ♪のわ〜る〜 のわ〜るぅ〜 素敵な〜 のわ〜る〜〜↑♪ 


千早「くすくす、その歌はなんですか、あずささん。」

あずさ「あらぁ、また口ずさんでいたかしら〜。 これはね、私達のユニット、noirの歌よ。」

千早「ぷっ、大体予想は付いていましたが・・・何かユニットのイメージからかけ離れすぎてる歌だから、何か面白くて、くすくす。」

あずさ「そうかしら〜? 千早ちゃんと真ちゃんの可愛さが存分に表現された、いい歌詞だと思っていたのにぃ・・・しょぼーん。」

千早「ま、また・・・ぷっ、擬態語を口に出して・・・くすくす。 あ、ドアの外から足音が・・・真が来たみたいですね。」

あずさ「ふふ、noir全員集合で打ち合わせの始まり、ですわね♪」


バターン(注:ドアの開く音です)

真「いっちばん乗りー! って、一番じゃないじゃないかー>< 今日は気合入れて走ってきたのが裏目に出ちゃったのかなぁ・・・という訳で、おはよう千早、あずささん! 今日もバリバリ行きましょう!」

千早「部屋の温度が2,3℃上がった気がするわ・・・」

真「今日は千早の挑発には乗らないことにしたんだ。 長髪だけに・・・なんちゃって♪」

あずさ「・・・あ、あらあら〜」

千早「真はどちらかと言うとショートに分類される長さだと思うのだけど・・・どうして長髪なの? というか、私の挑発と髪の長さになんの・・・ん? 挑発? 長髪!?  ぷっ・・・くすくす。」

真「・・・ええーっと、そんなに難しいダジャレ、でもなかったですよね、あずささん。」

あずさ「はい、至ってシンプルな、『寒カワ』でしたわ♪」

真「あうぅ、やっぱり寒かったんだー!><」

千早「ぷっ、くすくす、あはははは!」

真「・・・正直、千早を笑わせるのは簡単すぎて、笑ってもらえても嬉しくないというか、逆に申し訳無くなってくるというか・・・。」

あずさ「真ちゃん、考えたら負けよ〜。 とりあえず、千早ちゃんの笑いが治まったら打ち合わせを始めましょう〜♪

 

3分後

 

千早「何してるの真。 早く始めるわよ。」

真「千早待ちだったのに、なんでここでそんなことを言われてしまうのか・・・今のボクには理解できな〜い〜♪」

あずさ「今日の議題は私の誕生祭です!(キリッ」

千早「あずささん、マイペース過ぎます・・・」

真「曲目は決まっているのでしたよね?」

千早「ええ、仮決定だった案が本採用になったのよ。」

真「うわぁ、楽しみだなぁー! 早くみんなで踊りたいなぁー!」

千早「私も、どのようなハーモニーになるのか、それが楽しみで仕方がありません。」

あずさ「あ、うーん・・・そのことなのだけどね。」

千早「はい?」

あずさ「今回、歌に関しては、私のソロになるらしいのよ〜。」

千早「え? そうなのですか?」

真「うん、ボクもそうプロデューサーから聞いたよ。 今年度の誕生祭は、プロデューサー的には全部ソロにしたいんだって。 だから次のボクの誕生祭も、そして2014年の千早の誕生祭も、恐らくはソロになると思う、って。」

千早「そうなのですか・・・それはそれで少し残念な気が・・・」

あずさ「うふふ、でもね、『従来の持ち歌をハーモニーにする企画は現在も進行中だから、その点は心配するな、特に千早!』、ってプロデューサーさんが言っていましたわ。」

千早「くっ・・・何か見透かされていたみたいで悔しい・・・でも、そうね。 プロデューサーの意向なら従わない訳にはいかないわ。」

真「あれ、やけに素直じゃないか千早。」

あずさ「うふふ、そうね♪」

千早「一応の話ではあるのですが、あのプロデューサーのやることは結果がどうであれ、私達のことをしっかりと考えてのことであるのは間違いないと思っているので、そこを尊重しているだけです。 逆に言うとそこしか尊重していませんが。」

あずさ「あ、あら〜、結構辛口なのね、千早ちゃん・・・」

真「まあ、でも間違いではないしねっ♪」

あずさ「真ちゃんまで・・・もう、そんなこと言ったらプロデューサーさんが『ちょww もうちょっとくらい何かあるんじゃないんですかー!><』ってじたばたしちゃいますよ、うふふ♪」

真「あはは、確かに言いそうですね!」

千早「物真似は似ていませんでしたけどね♪」

あずさ「まぁ、酷いわ千早ちゃん。 しょんぼりぃ」

千早「も、もう・・・擬態語を口に出すのは・・・くすくす・・・やめてください・・・笑いすぎて、お腹痛い・・・あはははは。」


あずさ「突然だけど今回のライブ、私からお二人にちょっとした司令を与えます。」

千早「司令?」

真「えへへ、面白そうじゃないですかー! 受けて立ちますよっ!」

あずさ「私からの司令を伝えます。 それは・・・『他の2人よりも楽しそうに踊ること!』です。」

千早「他の2人よりも・・・ということは、私は真とあずささんよりも楽しそうに踊ることを心がける、という事ですか?」

真「なぁーんだ、そんなことかぁ。 普段から心がけてることだから、それを今回も存分に発揮させてもらいますね!」

あずさ「うふふ、真ちゃん。 今回はいつも通りいくと思っているのかしら?」

真「え?」

あずさ「今回、私は今までのレッスンの内容や、得た知識を総動員して、最高に楽しく踊るつもりなのよ? ・・・果たしていつも通りにやっていて、私よりも楽しそうに踊れるのかしらぁ〜?」

真「へぇ〜・・・面白いじゃないですか、あずささん! これはボクも気合い入れないといけないようですね。 いいですよ。 勝負です、あずささん!」

千早(負けるつもりはないけど・・・ついて行くだけでも大変そうだわ。)

あずさ「千早ちゃんも、ですよ♪」

千早「数年前の私なら怪訝な表情の1つでも見せたかもしれませんが、今はnoirのメンバーとして、この挑戦に乗らないわけには行きません。 勿論、受けて立ちますよ、あずささん。」

あずさ「千早ちゃん、本当に変わったわね。」

千早「それはそうですよ。 しっかりしながらもマイペースなあずささんや、勢いだけのリーダー、そして役立たずな厨二病患者プロデューサーに囲まれていたら、考え方も変わりますよ。」

真「どうしてなのかなぁ? ちょっとボク、ひっかかる発言が聞こえた気がするなぁ!」

千早「厨二病のところかしら?」

真「勢いだけのリーダーの部分だよ! わかってるくせにぃー!><」

千早「うふふ、引っかかるということは図星だったのかしら?」

真「ここで挑発に乗ると話が進まないから、ボクはスルーするよ!」

千早「スルーする? ぷっ、うふふふふ・・・あはははは!」


3分後


真「治まった、千早?」

千早「申し訳ない上に悔しいものだわ・・・」

あずさ「うふふ、今からこの調子だと、今月19日のライブはとても楽しさに包まれたライブになりそうね。 楽しみだわ〜。」

真「そうですね。 千早が笑い上戸なのはともかくとして、ボクと千早の誕生祭とで、ちょっとクールな感じのものが続いていたから、今回は楽しくなりそうですね。」

千早「漆黒の・・・ぷっ、黒薔薇だけが・・・ぷぷっ、noirじゃないって所をファンの皆さんにわかってもらわないと・・・うふふふふ、だ、だめだわ、いつまで経ってもプロデューサーの厨二病には慣れないわ・・・くすくす。」

真「プロデューサーはどこまで本気で『漆黒の黒薔薇』とか言ってるのかわからないんだよね。 本当に病気なのかな? なんてね♪」

千早「『漆黒』と『黒薔薇』って・・・ぷっ、黒という意味が被ってることに気づいているのかしら? くすくす、あはははは。」

あずさ「あらあら〜、ここにプロデューサーさんが居たら『な、なんでそこで笑うのさー!>< こう見えても真剣なんだからねっ!><』って言うに違いないわね♪」

真「あはは、確かに言いそうではありますけど・・・」

千早「壊滅的に物真似が似ていませんよ?」

あずさ「ええ〜! そ、そんなぁ〜」

3人「あははははは!」

 


うふふ、二人共気力充実ってところかしら?
でもね、私も久しぶりのソロだから、二人以上に気力が充実しているのよ?
ぼーっとしてると、置いていっちゃいますからね♪

とはいえ、真ちゃんに対して大見得を切っちゃったから、下手なことはできないわね。


noirのライトポジション、三浦あずさ。
持てる力を出し尽くして今回のライブに臨ませていただきます。


ファンのみなさん、そして千早ちゃんと真ちゃん。
よ〜く見ていてくださいね、うふふ♪

 


7月19日に続く

2013.07.10 Wednesday * 00:14 | noir | comments(0) | trackbacks(0)
Comment









Trackback URL
http://reno.project-noir.com/trackback/348
<< 迷走Mind [PV大会参加作品] | main | zone of fortune 【あずささん誕生祭】 >>