* Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
* Profile
profilephoto
■HN
■Twitter:Reno_P



qrcode

* Categories
* Selected Entries
* Recent Comments
* Links
* Archives
* Others
* Recent Trackback



れのの徒然


れのです。ACM専属でEDITED-PV・MAD-PVをUPしております。
真センターのACMに限りない情熱を傾けておりましたが、この度新メンバーが追加になりました。
ユニット名は「noir」 編成は 1st:真 2nd:千早 3rd:あずささん 4th:のり子 5th:静香
余程のことがない限り、この編成を崩すことはないと思います。

ここは私が作成したPVについての談話や、アイマス関係の話題などを自分のために記録しておくためのスペースです。

愛 LIKE ハンバーガー
「ACM(真センター)で」シリーズ 第3幕 8作品目


新曲がトリオで少し胸をなでおろしている感じです。
だってどうしてもnoirはクインテットライブと比べると見劣りしちゃいますもん><

という訳で、昨日は早速新曲を堪能してました。

一つ感じたのはシンコペーション盛りだくさんで、リズムも軽快、テンポも早くてと、非常に楽しい曲になってるなって思いました。
曲調も大好物でかなりのお気に入り曲になりました。
(同意を得られるとは思いませんが、なんか聞いてるとサクラ大戦に出てきそうな曲だなとか思ってましたw)

動きも大きくて、普通に見ていて楽しい。
でも振り付けを見る限り、ある程度の覚悟は必要かなって思いました。






◆拘りポイント
1:まずカメラが被るだろうから、被ってもあまりある独自性を!
2:楽しさ1000%
3:拘りに拘らない


今回の拘りはこの3点。

1の「まずカメラが被るだろうから、被ってもあまりある独自性を!」ですが、これだけでは意味不明ですよねw
ちょろっと補足します。

この曲、斜めのラインが結構な頻度で出てきます。
なので、まずここでアングルが被るだろうと思った訳ですw

しかもサビの部分なのでモロ被りは避けたいかなって思ったりしていたのですよね。

なので私らしさを忘れずに取り組んでみた次第です。
いくつかPVを見ましたが、案の定被ってますねw
でも、モロ被りはなかったようなので、一安心している所ですw


次に、2の「楽しさ1000%」ですが、オメガドライb(ry
ものすっごく楽しい曲じゃないですかー!
アイドルも楽しそうに歌ってくれますし。

となるとその楽しさを出来る限り表現して貰えるようなカメラにしようと思った訳です。
躍動感を伝える、という感じでしょうか。
これは結構うまくいった気がします。
ポイントは「溜め」と「解放」です。


最後に3の「拘りに拘らない」ですが・・・まあ、これは衣装の所で述べます。



と、拘りはこんな所ですね。
以降はどーでもいいカメラのお話なので格納しておきますw


【音】

HHbの時の設定に少し調整を入れた程度です。
相変わらず高低音重視なのです。



【カメラ】

■出だしの語り 〜 イントロ

まずは語りから入る部分ですね。
ここが最後まで悩んだ箇所じゃないでしょうかね?w

悩んだ理由は、「如何に右アングルに切り替えるか」という部分でした。

右アングルが欲しいのは「真をmidやUPで映しても、後ろの2人のやりとりをきちんと魅せるため」です。
「あ〜愛しのダーリン」の部分を真のUPにしたかったので、それまでの間に右アングルを確保する必要がありました。

しかし、基本語りに対して頻繁なカメラとか必要ないでしょうし、メリハリを付けるような部分でもありません。
なので、どうすればなるべくメリハリが付かずに自然に見えるか、というのを試行錯誤して今の感じになりました。

・・・これでも妥協ですが、このタイミングが一番マシなのかなって思ったのですw


イントロは「レッツ無難!」

mid回しは正面アングルで。
Aメロは左アングルが欲しいので、最後にその仕込みを入れた程度です。



■Aメロ(あずささんソロ → 千早ソロ部分)

ゆっくり魅せました。

「フワフワ アツアツ」の部分はフルオートだと確実に2ndのmidになる所なので、それは意図的に使用しないよう心がけましたw

「トーストバンズ!!」と「トマトケチャップ!!」の部分でひさしぶりに常套手段プランA(UPにしたい箇所の前に少しmidを挟む魅せ方)を発動させた気がしますw

いや、S4Uの仕様上そうなってしまう箇所が多々出てくるとは思うのですが、今回はその手法が生きると思った箇所でやったことなので、なんか久しぶりな気がしてしまったのですw


あとは無難に回しただけですねw


■Bメロ

拘ったのは以下の点。

・シャキシャキレタスの振り付けを効果的に魅せる
・ス・テ・キの部分でUP回しをしないれのPなんて居ない!w
・「お料理しちゃおう」の魅せ方
・「そうしよう!」の魅せ方


まず、シャキシャキレタスの部分ですが、確かに動きもシャキシャキしてます(ぇ
なので、この動きをさらにシャキシャキに・・・もとい効果的に伝えようと思い、正面に戻したいと思っていたアングル操作をここに挟みました。
その後にLongを入れると今度は全員の動きもしっかり見せてみました。
もうシャキシャキって感じでっ!(うるさい

この部分は結構いい感じに見えてお気に入りとなっております。


ス・テ・キの部分は語る必要ないですねw


「お料理しちゃおう」ですが、腕を大きく動かす瞬間にLongに変えることで、直前のUPの時の動きのなさも相まって、結構インパクトがあるように見えるのですよねw
L4Uの時からよくやってる手法なのですが、これが最初に述べた「溜め」と「解放」です。
・・・勝手に私がそう呼んでいるだけなのですけどねw


「そうしよう!」の部分も同じです。
「溜め」と「解放」です。
詳細は述べませんが、そういう目でPVのこの部分を見れば分かると思いますw



■サビ

斜めラインを効果的に魅せつつ、色々やってみました。
手数の問題で少し躓きましたが、まあ他の曲やってた時よりはスムーズにいった気がします。

ここで気を付けたのは、

・ガ二股の振り付けを極力魅せない
何と言うか・・・単なる親心ですw
noirには常にかっこかわいくあって欲しいので、ああいう振り付けはさせたくないw
なのでそれを感じさせないように構成しちゃいますw
よって、その部分はMidかUPでしか撮らないでおこうと思っていましたw


・アングルを切り替えるタイミング
あずささん先頭の時は左から、千早先頭の時は右から、最後は正面に戻す、という3回のアングルチェンジがありますので、そこへどうアプローチするのかをしっかり考えました。
とりあえずどこかに放りこむ、というよりは、より効果的になるように気を付けた感じです。

左から右へのアングル操作と、右から正面へのアングル操作は物凄くハマったと個人的に思っていますw


・立ち位置の移動はLongにするのが一番伝わる
MidやUPでは、キャラを中心に移すので、立ち位置の移動は背景の動きでしか伝えられないのですよね。
なので、極力そういう部分はLongで撮ってみました。
「具にはレタスと」の部分や「でもシンプルが一番ね」の部分とかですね。

特に後者は右アングルから正面に切り替えた時点で少し解放しつつ、Longで更に解放という手法を選びましたので、より伝わりやすいかなって思いますw


・「I LIKE HAMBURGER」「愛 LIKE HAMBURGER」
ウインク命っ!w


■Dメロ
静かになって、大好きハンバーガーを繰り返す所ですね。

ここは歌う順番が1st→3rd→2ndの順なので、それぞれにカメラを向けると手数の問題で忙しなくなります。
ここは忙しなくしたく無かったのでセンター中心を心掛けました。

よって、Long→Mid→UPと該当箇所を徐々に接近させる手法をとりました。
効果的かどうかは別として、なんか法則の見えるカメラにするのが好きなのですw

2拍3連の箇所は歌詞に合わせてUP回しを狙ったのですが、テンポが早すぎて多少グダグダに・・・でもそのテンポの速さゆえにズレも目立ちにくいのでオーケーテイクとしました。

結構AUTOさんに邪魔されるので、あまり撮り直したくなかったのですよねw


次の部分の照れ顔は初めて見た瞬間からカメラが確定していましたとさw


■落ちサビ
無難に回した感じですね。
最初のサビの解説で、この部分の事も述べているので割愛。

最後の「デューワ」の部分は最初逆にしていたのですが(正面→右アングルへの切り替え)、これをすると最後に千早の左手が見切れるので止めにしました。
ここでアングルを切り替えることだけはどうしてもやりたかったので、今の形となっておりますw


カメラについては以上!



【衣装&会場】

会場は、明るい箇所を選びました。
室内の照明も捨てがたかったのですが、この会場で試しにやった時に「デューワ」の後の羽根吹雪(?)の舞い方が物凄く気に入ったので、この会場で確定としたのです。

次いで衣装。
最初は今回のDLCのVo衣装(紫のやつね)で撮ってたのですが、最初の語りの部分の後ろの2人を見るとどうも男女を意識した構成になっていたので、「これだっ!」と思い、最初はビヨンドを選びました。

響タイプの衣装のあずささんが男役で、貴音タイプの衣装の千早が女性役。
おお、ぴったりじゃん!って思ったのですが、「私のダーリン!」って言っている真が響タイプの衣装で・・・
男役のあずささんと衣装が同じなので違和感を感じ「あーこれはないわー」って思ったのです。

でも、もう1つ、そういうタイプの衣装があるのを思い出し、キャンディレディをチョイス。
で、試すと、男役の千早が女性のポーズをとり、スカートはいたあずささんがやけに凛々しいという意味不明空間が生まれましたww

という訳で、いつも拘りの「1st真 2nd千早 3rdあずささん」のこの構成を崩し、あずささんと千早を入れ替えました。

これが最初の拘りポイントで述べた「拘りに拘らない」という部分だったのです。
個人的にかなり新鮮で、撮ってて違和感を感じながらも楽しみながら撮りました。




【パート分け】

今回はDメロが多少パート分けに不満がありました・・・

早く、自分でパート分けしたいです!w



【個人的イチオシ】

随所のアングル切り替えですかね?
今までで一番アングルの切り替えが自然で気持ちいい気がします。



【次回予告】

今度こそ迷走MindのEDITEDを予定してます!
既に6割程完成していますよっ!




JUGEMテーマ:THE IDOLM@STER

2011.04.28 Thursday * 19:46 | ノーマルPV 第三幕「アイマス2 新生noir」 | comments(0) | trackbacks(0)
Comment









Trackback URL
http://renoir1111.jugem.jp/trackback/239
<< Honey Heartbeat | main | GWに生放送します! >>