* Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>
* Profile
profilephoto
■HN
■Twitter:Reno_P



qrcode

* Categories
* Selected Entries
* Recent Comments
* Links
* Archives
* Others
* Recent Trackback



れのの徒然


れのです。ACM専属でEDITED-PV・MAD-PVをUPしております。
真センターのACMに限りない情熱を傾けておりましたが、この度新メンバーが追加になりました。
ユニット名は「noir」 編成は 1st:真 2nd:千早 3rd:あずささん 4th:のり子 5th:静香
余程のことがない限り、この編成を崩すことはないと思います。

ここは私が作成したPVについての談話や、アイマス関係の話題などを自分のために記録しておくためのスペースです。

S4UのAUTOカメラについて


今回はAUTOカメラについてです。

現在、iM@S2ノーマルPV タグに登録されているPVは744件。
流石にもう飽和状態ですねw

私が撮ったWAOまでの動画の伸びと、2nd-mix以降の伸び方に差が出来過ぎてますw
ある程度視聴され、もう目新しいものがない限り小康状態を保つのかなって気がします。

まあ、新曲とか新しい衣装が出るでしょうから、波はあるでしょうけどねw


と、余談はこの辺りにして。

今回はAUTOカメラについて語ってみます。


長くなるかもなので以下格納。


まずはL4UとS4UのAUTOカメラの違いについて説明します。

ちなみに、私はS4Uはトリオでしかプレイしていないので、それで得られた体験を語っているだけです。
もしかしたらクインテットや、またはソロだと違う結果になるかどうかまではわかりませんので、ご了承ください。


◇:L4UのAUTOは「ほぼ完全ランダム」 S4UのAUTOは「ある程度手の入ったランダムっぽい何か」


L4Uの「ほぼ完全ランダム」というのはどういうものなのか。
要点を列挙します。


・AUTOに設定していると必ずSuperLongになる箇所が存在する

SuperLongは4種あり、何が出るかはランダム


・それ以外の場所は誰が歌っていようが、どんな振付があろうが、好きな視点を映す

ただ、選択される視点にある程度の偏りがある事は実感として感じますが、確定箇所はほぼ存在しないという感じです。
「ほぼ」と言ったのは主題歌の間奏部分等は、ある程度決められた挙動を行なっていると思うからです。
映すキャラに差はあれど、視点の選択は確定している感じですね。


・フェードがかかるポイントは確定している

ただし、プログラムしておくことでフェードポイントを増やすことができます。



以上がL4UのAUTOカメラの特長。

それに対しS4Uの「ある程度手の入ったランダムっぽい何か」とはなんなのか。
私の語彙不足で意味が分からないことになっていますので、補足します。


・AUTOに設定していると必ずSuperLongになる箇所が存在する

SuperLongは4種あり、何が出るかはランダム。


・フェードがかかるポイントは確定している

プログラムが出来ないので、フェードの箇所を調整することは不可能。


この2つまではL4Uと同じですね。
補足に多少の違いはありますけどね。

ただ、これ以降の部分が重要になってきます。


・視点確定箇所が存在する


これ重要です。

私が体験した中では
・MEGARE!の「ダンスも歌もお芝居もセリフも」は必ず2ndキャラをMID視点で映す
・MEGARE!の「覚えられないっっ!!」は必ず3rdキャラをMID視点で映す
・LONG視点確定箇所が数多く存在する
・スモスリ序盤(後述)

等、カメラがどう映すのか確定している箇所が存在します。
注意深く見ればもっともっと見つかると思いますよ。

特に分かりやすいのがスモスリ。
歌い始めから「射止めるなら」までの構成は、UPで映しだされる角度が違う意外は、何度やっても「どのタイミング」で「誰を」、「どの視点で映すのか」が完全に確定しています。



・ある程度の条件下での抽選が存在する

これも重要ですね。

体験としては
・LMGの「燃え尽きたいよ」のフェードの後の視点は、センターを映す事だけは確定している
 UPになるかMIDになるかLongになるかはランダム
・スモスリの「おあずけFunky Girl」はUPになることだけが確定、誰をUPにするかはランダム
 もしかしたら2ndか3rdのみ抽選かもしれません。 ここでセンターが映った例をまだ確認していません。

とこんな感じですね。



ここから分かることは一つです。


S4Uのフルオートカメラのみで撮られたPVの構成は、どのPVも「必然的に似てきます。」


つまり、フルオートで撮られたPVは、キャラや衣装、ステージが違いますが、どういうカメラワークになっているのかが、見る前からある程度分かってしまう、ということになります。


でも、PVのクオリティ的にはL4Uのフルオートよりはいいものが出来上がるのですよね。
なので、数さえ見なければ程良く楽しめると思います。

これも一長一短な感じですよね。

2011.03.12 Saturday * 21:51 | PV作成について | comments(0) | trackbacks(0)
Comment









Trackback URL
http://renoir1111.jugem.jp/trackback/235
<< MEGARE! | main | S4Uを楽しむ為に >>