* Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<< February 2018 >>
* Profile
profilephoto
■HN
■Twitter:Reno_P



qrcode

* Categories
* Selected Entries
* Recent Comments
* Links
* Archives
* Others
* Recent Trackback



れのの徒然


れのです。ACM専属でEDITED-PV・MAD-PVをUPしております。
真センターのACMに限りない情熱を傾けておりましたが、この度新メンバーが追加になりました。
ユニット名は「noir」 編成は 1st:真 2nd:千早 3rd:あずささん 4th:のり子 5th:静香
余程のことがない限り、この編成を崩すことはないと思います。

ここは私が作成したPVについての談話や、アイマス関係の話題などを自分のために記録しておくためのスペースです。

2010年下半期ニコマス20選

初めて参加させていただきます。

レギューレーションは
「2010年7月1日〜2010年12月31日の間に投稿されたニコマス新作」
「1人のPにつき1本ずつ」
その他の詳細はこちらに→http://cryptos.jp/archives/970


とはいえ、元々見る動画が偏っていますし、その上見る時間もあまりなく全然動画を追えていないので、本当に偏りのあるものになってしまうと思います。
ご了承ください。

2010年上半期の20選で沢山の方に「arcadia」を選んでいただいて、それが本当に嬉しかったので、今度は逆の立場になってみようと思ったのです。

それでは列挙していきます。
並び順は単純に投稿日順としています。


1:野武士P


ノーマルPVです。
でもきっとみなさんが今まで見てきたノーマルPVとは一線を画していると思います。

そして思うでしょう。
「俺のL4Uと違う!」とw

ノーマルPVだって見せようと思えばここまで魅せられるのですよね。





2:ヒトコトP


気付いたら広告を打ってしまっていた作品。
曲が物凄く好みだったのもあり、初見の時はリピート再生を幾度も繰り返しました。

基本的にオシャレな作品があまり馴染まない私ですが、これはスムーズに入ってきて心に残りました。
終盤の畳みかけが物凄く好みで、思わず鳥肌が立ってしまうくらいに。

広告コメントでも言いましたが、「センスだよなぁ」って思わず呟いてしまうようなそんな一品でした。





3:カブキンP


ほんっとに理想のライブステージ、という感じですね。

ノーマルステージにせよ、自作背景にせよ、やはり私はライブ感のあるものがとても好きです。
そんな私の好みを突き詰めるとこの形になるのではないかなって思うくらいの破壊力でした。

こんなところで私のユニットを踊らせてみたいって思うほど、魅入ってしまいました・・・





4:アワビP


前半部は普通に進行するのですが、途中から打って変わっての展開が凄くツボ。
また真の役割が物凄く面白くて本当にお気に入りです。

やはり歌って踊ってな動画が好きなので、ライブシーンに入ってからはもうノリノリでした。





5:ぎょP


振り付けを繋げる、というよりもシーンを重ねるといいた感じのカット割りが絶妙なタイミングで展開される上に、そのカットがいちいちカッコイイ!w
もう本当に魅了されました。

やはり私が一番好きな動画はこういう動画なんだろうなってのを改めて実感させられる作品でした。





6:つまおP


もう何度見たかわからない作品。
振り付けのチョイスやカメラワークが物凄く私好みで、見ているだけで楽しくなってくる秀逸な作品。

つまおPは私同様、ノーマルPVが下地となっているので、やはり好みも似てくるんだろうなって思います。
曲との相性バッチリな振り付けにほんとやられっぱなしでした。





7:きゃのんP


なんですか!このサムネ絵と、この絵が挿入されるタイミングは!!
ズルい!www

しかし流石は俺さん、決めるべきところをバシっと決めてきますし、やはり真の魅せ方を知っているというか、上手く言葉に出来ない貫禄がこの作品に散りばめられていた気がします。

ほんと、まさかの曲被りで私はかなり萎縮してしまいましたw





8:姫若本P


真の誕生祭にUPされたノベマスですね。

ACMの何気ない日常が描かれた作品なのですが、ほんっとに私の脳内のACMはこんな感じなのですよね。
マイリスコメントにも書きましたが、私にとっての理想のACMがここに存在している、と感じました。

物凄く身近に感じる作品で、もうニヤニヤがとまりません。





9:under79氏


一時期中毒のようにリピートしていました。

魔法をかけてのみの振り付けを使っているだけなのに、この曲と物凄くマッチしているように見えて、もうほんっとに気分爽快。
また猫耳+猫手のアクセがあざとくて、思わずニヤニヤしてしまうという一面も持ち合わせており、中毒症状に拍車をかけるような、そんな状態に陥ってしまいましたw

この動画の影響で「般若心経アレンジリンク」タグ巡りが、一時期のマイブームになってました。





10:くるわP


もらいなきかこちらかでかなり悩みましたが、こちらを選択しました。

私には珍しく、ライブじゃないPV動画の選択ですが、これにはただただ引き込まれましたね。
エロいからとかそんなんじゃなく、「魅せる」ということに特化したかのようなシーンの選択、表情。

惹かれるというより、吸い込まれるといった感じでただただぼーっと眺めてしまうような、でもいちいち考えてしまうような、とても不思議な印象を植え付けられた気がします。





11:シンドーコバヤシP 百合根P


一年かけて紡がれてきたこの物語の最終話です。
でも最終話だけでなく、この物語そのものを選んだという感じですね。
なので私の名前は含めていませんw

内容に触れるのは野暮なので、未見の人は是非とも一度見てみて欲しいと思う作品です。
色々な人物がそれぞれの想いを抱きつつも、それが上手く収束していく様は本当にすがすがしいですね。

ストーリー、このシリーズが好きな視聴者、百合根Pのイラスト、そしてシンコバPの想い、その全てに優しさが内包された作品だと思います。





12:ray氏


真の元気いっぱいの可愛さが前面に押し出されているなって思った第一印象。
オリジナルの背景なのですが、野外なのがまたいいのですよね。
ステージで歌い、踊る。
やはりアイドルはこうでなくちゃって思ってしまうのですよね。

そして最後の伴奏に合わせたカット割による畳み掛け。
もう本当に鳥肌でした。
ウチのユニットもこんな所で踊らせてみたい・・・w





13:いとしいさかなP


嘘マスのほうと悩んだのですが、やはり私は歌って踊ってが好きなのでこちらを選択。

もうアイドルの域を超えているかのような演出。
でも、何故かそれをこなせてしまう魔王エンジェル、というイメージを持った作品でした。

曲も振り付けもオーバーマスターそのままなのですが、途中の演出で度肝を抜かれます。
当然ライブではないと思うのですが、ライブPVを見ている時以上の高揚感を味わった作品でもありました。

固定トリオの結束に弱い私は魔王エンジェルの虜になってしまっているのですが、そういう贔屓目なしにいい動画でした。
かっこいい!





14:爽快P


タイトルホイホイでした。
当時は小学生ながら、迷宮組曲のボーナスステージの「一つずつ楽器が増えていく」という演出がほんっっっっっっっっっとうに大好きだったのですよね。

それをこのような目に見えて分かりやすい表現で、見て楽しく、聴いて楽しくと、思う存分に楽しめる作品に仕上がっていました。

懐かしさと楽しさが相まって、もう何度見たかわからなくなってきている作品の一つです。





15:ネコトノハ氏


どうしてこうなったのでしょうね!w

でも、仕事が忙しくて2日連続徹夜、なんて自体になった時、私を救ってくれた動画でもあったのです。
ゲラゲラ笑いながら、でもなかなか面白いじゃんって思いつつ、インコが時々床に埋まってシュールな感じになっているのも意に返さないようなバカっぽさ、なのに表情だけはガチ。

全てが面白い方向へ向かって上手くブレンドされてるなって思いました。
いやぁ、本当に楽しい動画でした!w





16:ゆういち氏


2010年の1選を決めろって言われたら迷わずコレを選ぶくらいのお気に入り。

カメラ、表情、振り付け、そして魔王エンジェルのバランスのよさ。
何もかもが私好みに働いているような、そんな印象を受けました。

当然のことながら振り付けに違和感なく歌い踊る、この「ステージ」
MMDのメリットが最大限に生かされているなって思ったわけです。

切り張りのMADじゃ、きっと表現できないでしょう。
MMDでしか表現できない魔王エンジェルだからこそ生まれた魅力なのかなって思ったりします。



・・・ACM版が見たいとか、思っていないんだからね!><





17:サボテンP


まだまだ続く魔王エンジェルラッシュ。
というか、これはサムネホイホイでしたw

でも、やはりMMDだから出来る振り付け、繋ぎに違和感が出たり誤魔化しを入れたりする必要がない強み。
この強みに最近引かれつつあります。

その強みを引き出しつつも、わかむらPの演出を時々リスペクトした構成に、初めてあのPSPSを見たときの印象が強く思い出されました。

また、魔王エンジェルだから当然名のですが、固定トリオユニットであることが私の琴線に触れるのですよね。





18:F-san氏


ほんと、私が理想とするステージですね。
この方は表情の付け方のセンスがよくて、前の麗華のワールドイズマインにも思わず広告打っちゃいました。
すさまじいまでのステージングと、魔王エンジェルという「個性」が見事にマッチングしていると思います。

この空気感、ライブ感。
やはりこの作品もMMDのメリットが余すことなく発揮されている作品だと思います。
MMDが馴染まない、魔王エンジェルに興味がない、って人に一度見てもらいたい作品です。

ここまで表情豊かなのか!?
ここまで違和感なく作れるのか!?と、驚いていただける気がします。


同じモーション、表情でもいいから、ACMで見てみたいって思ってしまうくらいです。
さっきからそればっかりですよね、すみませんw





19:マシン語P


魔王エンジェルラッシュ最後の作品です。

全てを通してみた時の構成に引かれた作品となります。
元ネタがあるのかどうかがわからないのですが、こういう本来の意味での「プロモーションビデオ」という感じが妙に気に入りました。

かっこよさも相まってお気に入りです。
それだけにダンスシンクロがはまっていれば、もっともっといい作品になったんだろうなって思います。





20:ayakanP


土壇場で私の気に入るような作品が飛び込んできて混乱してしまいましたが、こちらを含めることにしました。

やはりライブ感、そこにまず惹かれました。
また真メインのオールスターというのが琴線に触れてしまったのですよね。

でも、それだけではなく、演出や魅せ方がことごとく利いてきて、本当に徐々に高揚してくるのが分かるような印象を受けました。









以上、私の20選でした。
偏りがあったとは思いますが、ノーマルPVのステージが好きでアイマスを始めた私にとっては、「ステージ」で、「アイドル」が、「歌い」、「踊る」という作品が好きなのですよね。

中にはそれから外れた作品も含まれて居ますが、やはりこの原点だけはなかなか曲がらないのですよね。

なので、こんなチョイスになっています。
お目汚し申し訳ないです!><


2011.01.08 Saturday * 13:09 | 動画紹介 | comments(2) | trackbacks(0)
Comment
こんにちは〜( ・&#3636;&#9694;&#3178;&#9695;・&#3636;)ノ
マイ動画を20選に選んで頂きありがとうございます!
何度も見て頂いたようで・・・嬉しい限りです・゚・(つω-` )・゚・。
とても励みになりました!
また今年もガンバリマスヨー!(・∀・)
つまお | 2011/01/08 3:25 PM
こんっちはー!

いやぁ、あれは十分評価されていい作品だと思うのですよね。
見た瞬間から最後までずっと引き込まれっぱなしでしたもん。
あと真かわいいw

私のコメントではないのですが、「スルメ動画」ってコメがあるのを見て「確かに!」って思いました。
見れば見る程、味が出てくるというか、どんどんいい所が見えてくるって感じでw

次の作品は千早誕生祭ですかね?
私もMMR杯の動画を上げたら、千早誕生祭に取り掛かります。

お互いいいものが出来るようにがんばりましょー!
れの | 2011/01/11 9:55 AM









Trackback URL
http://renoir1111.jugem.jp/trackback/215
<< 2010年のP活動を振り返ってみる | main | 予定をつらつらーっと >>