れのの徒然


れのです。ACM専属でEDITED-PV・MAD-PVをUPしております。
真センターのACMに限りない情熱を傾けておりましたが、この度新メンバーが追加になりました。
ユニット名は「noir」 編成は 1st:真 2nd:千早 3rd:あずささん 4th:のり子 5th:静香
余程のことがない限り、この編成を崩すことはないと思います。

ここは私が作成したPVについての談話や、アイマス関係の話題などを自分のために記録しておくためのスペースです。

my song [TAKE:2]
「ACM(真センター)で」シリーズ 第2幕 17作品目


4ヵ月ぶりのノーマルPV。
Mythmakerの製作に入ってから一切手をつけてなかったのですよね。

もう、4ヵ月。
ずっと誕生祭で突っ走ってきてたのが、少し懐かしく感じる今日この頃ですw

という訳で、my songです。
三毛猫Pのリクエストで製作いたしました。
物凄く欲しいシーンがあったのに結局確保できず・・・ちょっと妥協の残るPVですが、それがノーマルPVの難しさだと思います。





◆拘りポイント
1:マイナーチェンジ

1は、前作のmy songが、既に私の中でかなりのお気に入りでリピート率の高いものだったのですよね。
で、今回リメイクした訳ですが、前回いいと思った箇所はなるべく崩さないで行こうと思いました。
その上で、更によく出来るのならよくする、くらいの気持ちで。

MADと違って拘りポイントで長々書くことが出来ませんねw
あっちは振り付けのコンセプトとか語れるかたちかたないね。
こっちは振り付け確定ですものw



という訳で、続きは格納


【音】
高域を広く聞かせ、低域をずしっと聴かせようとした結果です。
ちょっと失敗だったのは、ずっとヘッドホンで調整していて、それをそのままUPしたので、スピーカーで聴いた時に少し想定より低音が物足りなかったです・・・orz

まあ、高域は綺麗に出ていたから、それでいいかなって感じです。

下手したら前のmy songの方が音g(ry


【カメラ】
無理はしていません。
しっとりと、かつはっきりと、ですね。


■イントロ
AUTOでほったらかしです。
でもS-Longに入る前に、千早を選択しておきます。


■Aメロ
千早とあずささんが交互に歌う感じですね。

最初の千早UPはS-Longをぶった切ってマニュアルでUPにしています。
振り向く動作をきちんと収めるためですね。

後は無難に振り付けや歌詞に合わせて切り替えます。


本当は最初の振り向きは真にしたかったのですが・・・いかんせんこの箇所の真の歌声がちょっとひd、うわなにをするやm(ry


足りない部分は補える。
それがトリオの強みですよね!w


■Bメロ
前回と殆ど変って無いかな?
無難に回しています。
カメラは切り替わってるのに、なるべくそれを感じさせないような流れを心がけました。

あと、千早とあずささんが「ぽふっぽふっ」ってなるところは、金輪際何度my songを撮り直しても変えることはないでしょう!!www


■サビ
やはりこの曲は合唱が気持ちいいです。
なので、パート分けは前回と変更ありません。

魅せ方がちょっと変わりましたね。
UP回しが次の導入を兼ねる「常套手段プランC」を多用しました。

って、常套手段どこかにまとめておこうかなってふと思いましたw


・サビ:最初の1コーラス目
千早の「どこまでも響け」までですね。
何気に普段あまり使わないあずまこデュオを使っています。

ここのUP回しは、PV通りの視点が丁度狙ったものでした。
1UL→3UR→2ULですね。

1ULは手の動きがちょっと伝わりにくくなるのですが・・・というか、手の動き重視なら、1UR→3UF→2ULしかないと思うのですが・・・


i の時に暴露した絶対領域フェチ以外に、背中フェチでもあるので、しかたがなかったのですよ!!www


・サビ:2コーラス目
真の「それを心と呼ぼう」までですね。

ここは真センターの時点である程度確定の流れになるのは仕方がないです。
こんなに魅力的な流し目を映さないなんて絶対にあり得ません!!w

ちょっとUPの多いパートですが、気に入っているので仕方がないです。

でもあずささんUPの後にLongを挟めば、リテイク回数も減ったのかなーってw


・サビ:3コーラス目
あずささんの「愛を込め贈ろう」までです。
何気にあまり使わないちはまこデュオを使っています。

ここの条件は3UFオンリーだったのですが、真もUF視点になっちゃいました。
ここのUP回しは振付に合わせて切り替えています。
音だとちょっとあべこべ感が漂うのですよね。


・サビ:4コーラス目
真の「ねへ幸せあれ(誤字にあらず)」の部分のmidとUPを入れ替えて、Mid回しを入れ、ちょっとだけ畳み掛けてみました。
ここで緊張を持たせ、次の真のUPで緩和という感じですね。
上手く着地していると個人的には思っています。


■間奏
特に何も、ですね。
いつも通り、あずささんに困った表情をしてもらっただけですw

余談ですが、noirにはどーでもいい役割が決められているのですよね。

・照れ顔はほぼ真が独占
・UPにした時に誰も写っていないように見えるくらい低い姿勢から、急に飛び出してくるようなシーンが撮れる時は千早担当。
 (ポジティブと迷走MINDと9:02pmでしか該当箇所は見つかっていませんし、9:02pmでは他の視点を優先しましたがww)
・困った顔はあずささんになるべく割り振る


なんというか、うちのユニットの暗黙の役割分担なのですよねw


■Dメロ
前回はソロで回していたのですが、今回は止めました。

真ソロ→あずちはデュオ→合唱 ですね。
1UF→1M→1UF→L です。
一番重要なのはLに入るタイミングですね。
Lにした瞬間に手を広げる動作が始まらないと、ここでLにする意味がないと感じるくらいタイミングに拘っていました。
音に合わせると駄目なので、振り付け凝視ですねw


■「未知なき道へ 常なき永遠へ」
前回同様、3UTのフェードを必ず入れたいが為のカメラワークです。
あずささんのこの表情、大好きなのですよね。


■「新しい私になる」

何回も「あたらし → スタートボタン → リテイク」という手順を踏みました。

まずここのS-Longは偶発性なので、毎回出るとは限りません。
しかもここはLongが出やすい気がするので、S-Long自体なかなか出ません。

またS-Longの中でも、左右後方より徐々に舞台に接近する視点は私は好きではないので、S-Longが出たとしても、こちらの視点が出ればリテイクです。
尚、この視点を嫌う理由はカメラがズームするだけで全く動かないからです。
これを使うくらいならLong使うわって思うくらいですw

この辺りの私の考え方はクソ長い文章で以前に述べたとおりなので、しかたがないですw


で、左右より旋回するS-Longですが、純粋な左右対称ではないのですよね。
S-Long固定バグを見れば分かりますが、右側から始まる旋回型S-Longは∞の形に動いていて、左から始まるものは左右に大きくゆらゆら動くカメラなのですよ。
違いを見たければ下記リンクよりどうぞ。

猫ロキP ∞型
http://www.nicovideo.jp/watch/sm2662736

ドランクP 左右旋回型
http://www.nicovideo.jp/watch/sm2665345


でも、ノーマルPV撮る時にはそれ関係ないじゃんって思うかもしれませんが、このシーンではこの違いが顕著に出てしまうのですよね。

クセとして、∞型(右側から始まるS-Long)は初速が早いです。
よって一番インパクトのあるS-Long視点なのですよね。
私がS-Longを狙う時は、これが出ることを一番願っています。

左右旋回型(左側から始まるS-Long)は初速が遅く、徐々に加速して行く形になります。


では、なぜこのシーンでは影響が出るのか。
実は1シーンの時間が長いからです。

つまり、どちらの視点でも端まで行き切ってしまうのですよね。
そして、端まで行くと次にカメラは折返そうとします。
その動作が問題なのです。

左右旋回型だと、そのまま普通に戻っていくだけなのですが、∞型だと端まで行った時に、次にカメラが下がろうとするのですよね。
この下がるシーンまで映ってしまうのです。
手を広げながら上げているのに、カメラが下がると気持ち悪いです。

なので、ここで一番欲しかったのは左より旋回するS-Longでした。


ただ、この次のシーンが真UPへのフェードなのですが、これも1UFを死守したかった為、かなり確率の低いシーンを目指していたことになります。

左右旋回型S-Long→(フェード)→1UF。

でも、結局は無理でした。
左右旋回型は何度か出たのですが、そんな時に限って1UFが出ませんでした。

よって、UPしたPVの通り、ちょっと妥協になっています。
∞型S-Long→途中でLong→フェード→1UFと、たまたま上手く行ったテイクを採用としました。


1週間粘って確保できなかったので、もう許してくださいw



カメラは以上です。



【衣装&会場】
間違ってドームを選んでいたことにUPしてから気付きましたww
アリーナにしたつもりだったのにwwww


衣装は指定があったので私の拘りではないです。
あ、でも衣装の指定がなければウェディングを選ぶつもりでしたけどねw

だって、前の動画でそういう指摘があったのですものw



【パート分け】
珍しく、真を含めたデュオを使用しています。
ただ、基本的にはキープコンセプトでした。

やはりこの歌ではACM独特の合唱のインパクトを聞いて欲しかったのですよ。
サビ入りの合唱の厚み、聴いていて気持ちよくないですか?

もちろん、これが気持ちよく聞こえるように音質を調整したのですけどねw


【個人的イチオシ】

やっぱり真の流し目でしょう!!
あと、背中?ww


【次回予告】
わかりません。
ノーマルPV撮れるなら撮りたいですが・・・先にSPにしか無い曲をやっておきたいのですよね。

なので、キミメロかL・O・B・Mか、オバマスになるかも?

予定は現在未定です。


JUGEMテーマ:THE IDOLM@STER

2010.09.22 Wednesday * 19:10 | ノーマルPV 第二幕「全曲制覇以降」 | comments(3) | trackbacks(0)
Comment
リク答え、ありがとうございました〜。
何か色々あって凹んだり悩んだりしてましたが、れのPさんのノーマルPVに元気を貰えました。^^
丁度歌詞も、今の気持ちにはピッタリでしたし。

次回はエディテッドになるかノーマルになるかは未定みたいですが、ゆっくり次回作をお待ちしてます。w
三毛猫P | 2010/09/22 9:04 PM
こんにちは〜
ノーマルPVでのnoir拝見させていただきました〜
やっぱり音質が素晴らしかったです。記事では
低音について、心残りがあったみたいですが、我が家の
スピーカーからはしっかり出ていました〜

my songはやっぱりしっとりと撮影したいと思うのですが
その分淡白になってしまって、難しいなぁと感じていましたが
記事にあるとおり、「しっとりと、かつはっきりと」が
良く表現されていたと思います。
サビの切替が秀逸で表現の仕方として大変参考になりました。

最後のアングル部分については、1週間も粘ってみたという
ことだけでも賞賛ものでした。妥協・・・妥協したアングル
とは思えない素敵な締めになっていましたよ♪

ひそかな役割分担は個人的に大歓喜でしたw
ダルトン | 2010/09/23 4:01 PM
>三毛猫Pさん
ご視聴及びリクエストありがとうございます!

たしかに今の時期、辛いですよね。
私もPV撮ってて、歌詞に励まされてました。
後ろ向いても前向いても同じ結果が訪れるのであれば、やはり前を向いていたいのかなって思ったのですよね。

とりあえず、残された時間だけでもしっかりとPVを作って行きたいと思います。
いや、もしかしたら希望薄ですが解散しなくてもいい仕様が隠されているのかもしれませんが、とりあえず、今は3曲仕上げる目標を優先にやって行きたいと思います!


>ダルトンさん
ご視聴ありがとうございます!

音質は確かに及第点ではあったのですが、前回のmy songの音が良すぎたので、今回かなり気合を入れていたのですよね。
なので、ちょっと想定通りに行かなかったのが残念だっただけです。
微々たる差なのですけどねw

my songに限らず、バラード系の曲はやはり難しいですよね。
カメラをパチパチと変えても、曲とは合わない忙しなさを生み出したりしそうですしね。
かといって、長回し重視では普通のプログラムオンリーのPVと変わらなくなってしまい、自己満足できるかが怪しくなってきます。
なので、いつも以上に「カメラを切り替えるための根拠とタイミング」に気をつけて撮ってみました。
そのあたりは上手く伝わっているようで、こちらとしても一安心でした!

努力をお褒め頂ありがとうございます!
やはり今後撮りなおすことがあるかどうかもわからないので、最高のものを残しておきたかったのですが・・・さすがに心が折れましたw
なので、妥協の中でも一番良かったものを採用としました。

役割分担は今後も機会があれば続けていくつもりですよ!w
れの | 2010/09/24 1:39 AM









Trackback URL
http://reno.project-noir.com/trackback/194
<< 急遽、今後の予定 | main | 誕生祭どうしようw >>






* Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>
* Profile
profilephoto
■HN
■Twitter:Reno_P



qrcode

* Categories
* Selected Entries
* Recent Comments
* Links
* Archives
* Others
* Recent Trackback